2010/1/2  23:38

Oldies But Goodies  オールディーズ

http://www.youtube.com/watch?v=3uSLLd8eHy4&feature=related


一般にオールディーズとは、1955年から64年まで米国で流行ったロックンロール、ポップス、ドゥーワップを指しています。

1955年は言うまでもなくビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツが「ロック・アラウンド・ザ・クロック」で全米1位に輝き、ロックンロール誕生の年となりました。

続いてエルヴィス・プレスリー、チャック・ベリー、エディ・コクランといったロカビリーの先達が活躍し、その後、ポール・アンカ、ニール・セダカ、ボビー・ヴィントン、リッキー・ネルソンなどが歌うポップスが人々の心を捉えました。

http://www.youtube.com/watch?v=-7Sbyx8smUc&feature=related

そして1964年。ビートルズが米国に上陸し、アメリカンポップス(オールディーズ)は勢いをなくし、ブリティッシュセンセーションが吹き荒れました。

ということで考えると、1955年から1964年までの10年間が、オールディーズがまばゆい輝きを放っていた時期だといえます。

1962年の南カリフォルニアを舞台にした映画「アメリカン・グラフィティ」で描かれた時代は、まさにオールディーズの黄金期にあたり、全編に流れる珠玉の数々は時代を象徴していました。

クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ