2008/1/20  2:21

レッツ・ロックンロール!……珠玉の41曲  ライフスタイル

クリックすると元のサイズで表示します

 映画の中で懐かしい音楽が登場するのは当たり前ですが、かつての時代を思い出すために当時のヒット曲を使う手法は「アメリカン・グラフィティ」(1973年、監督ジョージ・ルーカス)が初めてだったと言われています。

 ジョージ・ルーカスは1950年代から60年代初頭にかけてヒットしたロックンロール、ポップス、ドゥーワップをBGMとすると同時に、ウルフマン・ジャックのDJ入りで、ドラマに並行して進むラジオ放送にも使いました。

 その数は41曲。
ROCK AROUND THE CLOCK(Bill Haley And The Comets 1955年)から
GOODNIGHT,WELL IT’S TIME TO GO(The Spaniels 1954年)
ALL SUMMER LONG(The Beach Boys 1964年)まで。

 どれもイカした曲。その時々によって最も好きな曲が変わるのですが、いまこのブログを書いている気分で言えば、2曲目に流れたこの曲です。

SIXTEEN CANDLES(The Crests 1958年)

 
 クレスツはホワイト・ドゥーワップグループ。
 リードボーカルのジョニー・マエストロは後にブルックリン・ブリッジでも活躍しており、今でも当時と変わらないスイートボイスを披露しているようです。




Happy birthday, happy birthday, baby
Oh, I love you so

Sixteen candles make a lovely light
But not as bright as your eyes tonight
(as your eyes tonight) (Oh)
Blow out the candles, make your wish come true
For I'll be wishing that you love me, too
(that you love me, too)

You're only sixteen (sixteen)
But you're my teenage queen (you're my queen)
You're the prettiest, loveliest girl I've ever seen
(I've ever seen) (OH!)

Sixteen candles in my heart will glow
For ever and ever for I love you so (for I love you so)

You're only sixteen (sixteen)
But you're my teenage queen (you're my queen)
Oh, you're the prettiest, loveliest girl I've ever seen
(I've ever seen) (OH!)

Sixteen candles in my heart will glow
For ever and ever for I love you so
(for I love you so)
For I love you so!!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ