2008/9/23  9:47

ノスタルジック・トラディッション  ライフスタイル

 中学生の頃にアイビーに出会いました。
 アイビーと言えば、VAN(ヴァンヂャケット)ですが、僕は何故かマクベス(MACBETH)というブランドにも惹かれました。VANと同様に尾錠付きパンツや三つボタン上二つがけのピュア・アイビー・モデルのスーツを扱っていましたし、スタジャンもかっこよかった。キャッチコピーはいくつかありましたが、「ノスタルジック・トラディッション(NOSTALSIC TRADITION)」という響きが印象的でした。

 初めて買ったネイビーブレザーも、ヘリンボーンのツイードジャケットも、ステンカラーコートもみんなマクベスでした。

クリックすると元のサイズで表示します

 オーナーの伊藤紫朗さんは何冊か本も出し、たまにメンズクラブの広告でもアイビーやトラッドの薀蓄を紹介していました(広告はそんなに頻繁ではなかったように記憶していますが、メンクラのプレゼントコーナーに毎月商品を提供していました)。

 また、VANに対するKENTのように、マクベスは卒業生用にChipp(マクベスアメリカ)というブランドを用意。ニューヨーク五番街にあったメンズショップと提携してもので、同店のオーナー、シドニー・ウインストン氏の名前をブランドにしたブリティッシュアメリカンのスーツもラインナップしていました。

 伊藤先生はまだまだお元気で、繊研新聞や雑誌「激流」でニューヨークのメンズファッション事情をレポートしておられます。 

 マクベスは渋谷や高知などに直営・FCの「ボタンダウンクラブ」という店舗も展開していた時期があり、VANよりアイビーらしい雰囲気を持ったブランドでした。


DOWNTOWN(Petula Clark)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ