2009/5/12  23:16

色の魔術師  ライフスタイル

ファッションに目覚めた頃、トラッドをベースにしたニューヨーク派のデザイナーが注目されていました。

もちろんその筆頭がラルフローレンですが、ほかにセザラニやジェフリー・バンクスといったデザイナーがメンズクラブでよく紹介されていました。

なぜか特に印象に残っていたのがアレキサンダー・ジュリアン。

その名も「色の魔術師」。サマーツイードにカラフルな色を差し込んだジャケットなどに斬新さを感じたものでした。

今はまったくトラッドと関係ないTAKA−Qが扱っており、1時間ほど電車に揺られた町に新店をオープンした際に、地元テレビに流れた「トウキョウ・シンジュク・タカキュー」というコマーシャルに心引かれたものでした。
(TAKA−Qはその後、ジャスコと提携、業績低迷が続いています。いまでもアレキサンダー・ジュリアンのブランドライセンスを持っているようですが)
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ