2009/5/22  1:33

踊りに行こうよ  ライフスタイル

「シンデレラじゃあるまいし、時計なんて見ないで」

我が家は割りと自由奔放に育ててくれたので、特に門限はありませんでした。
男だから当たり前かもしれませんが。

クールスのこの「シンデレラ」(近田春夫作)は、若者が皆経験するデートの別れ際の駆け引きを歌った曲です。

http://www.youtube.com/watch?v=JWe1mRAYrZ4

クールスには横山剣(クレージーケンバンド)が在籍していた時代、「シンデレラ・リバティー」という名曲もあります。

シンデレラは午前零時になると魔法が解けて、かぼちゃの馬車がかぼちゃになり、美しいドレスは普段着に変わってしまう――。そんな限られた自由(シンデレラ・リバティー)の中で、恋愛ははぐくまれていくもんなんですよね。

恋愛に限らず、制約の中でいかに楽しみ、気分転換できるかどうかが、豊かかそうじゃない人生の差を生むのでしょう。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ