2012/3/11

カササギ(韓国)  野鳥

突然の出張で、週末韓国に出かけた。水原とソウルで、出張の合間に、カササギを観察することができた。ご存知の方も多いと思うが、韓国にはほとんどカラスがいない。(いるのだろうが出会わない)カラスの代わりに多いのがカササギ。日本では佐賀県と苫小牧でのみ観察できるのみだが、韓国では一般的なようだ。カシャカシャと賑やかに鳴く。巣作りに励んでいるようで、小枝を咥えて個体。地面に降りてきて、泥を咥えた個体。泥は接着剤代わりに使うのであろうか?光にあたると藍色や緑色の光沢が美しい。公園の池では、オシドリの群れが見られ、韓国のバーダーも複数来られていた。クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(小枝を咥えたカササギ) (泥を咥えたカササギ) (巣作り)       (オシドリ)



ぶらぶら自然散歩!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ