2012/6/23

川の中は、生き物でいっぱい(市原市内)  水生生物

市原市南部の川で7月下旬に、水生生物観察会を実施する。その下見に市原市役所の担当者と下見に出かけた。昨日までの大雨で、川が増水しており、観察には不向きの状態。それでも、網を入れると、ヌカエビはじめ、ヤゴ(5種類)、カゲロウの幼虫やシマドジョウをゲット。10cm超のギバチも捕獲できた。川に降りるルートや準備道具の確認なども行った。参加者、特に子供たちにに楽しんでもらえるような企画にしたい。
陸上では、可愛らしいヒバカリに出会えた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
(コシボソヤンマのヤゴ)(死んだふり)     (コオニヤンマのヤゴ) (ハグロトンボのヤゴ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ギバチ)         (ヘビトンボ)        (ヒバカリ)



ぶらぶら自然散歩!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ