2011/9/25

ツリフネソウの群落(市原市宿ほか)  野草

市原トンボ池の会定例会。トンボ池はツリフネソウが咲き始め、赤紫の絨毯のようだ。年々、分布を広げている。ツリフネソウにはスズメガの仲間のホウジャクが訪れ、飛びながら長い口吻を花に差し込み、採蜜していた。キツリフネ、ミゾソバ、キバナアキギリも咲いていた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(ツリフネソウ群落) (ホウジャクとツリフネソウ)(キツリフネ) (キバナアキギリ)

近くの谷津では、アカバナ、オトギリソウ、ミゾカクシ、ナンバンギセルなどが咲いていた。
秋本番という感じだ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(アカバナ)         (オトギリソウ)  (ナンバンギセル)   (ミゾカクシ) 

 



ぶらぶら自然散歩!!
0

2011/9/19

渡り途中のシギチドリ(市原市養老川)  野鳥

市原市養老川中下流域をシギチ探しに出かけた。毎年秋の渡りの時期に、養老川に立ち寄る事が多い。春から夏にかけては、潅漑用に堰止められ、川底が見えないが、この時期、通常の流れに戻り、中洲ができ、そこに野鳥が集まる。カワセミやダイサギ、チュウサギ、アオサギのサギ類、カルガモの常連のほか、20羽を超えるコチドリが集っていた。イソシギがせわしく腰を振りながら横切る。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(カワセミ)        (コチドリ)       (イソシギ)
コチドリとあまり変わらない小型のシギを発見。ヒバリシギだった。少し離れて
タシギが長い嘴を砂の中に突っ込んで採餌していた。4羽数えることができた。長い嘴が
愛らしい。さらにその近くに、足の黄色い中型のシギ。頭が茶色だ。ウズラシギのようだ。冬羽の
トウネンと行動をともにしていた。このにぎわいもほんの束の間。北から南への大移動。しっかり栄養をとって、旅を続けてほしい。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(ヒバリシギとコチドリ) (タシギとハクセキレイ)  (ウズラシギ)  (トウネンとウズラシギ)



ぶらぶら自然散歩!!
0

2011/9/17

我が家のセミの抜け殻  その他昆虫

庭仕事のついでに、セミの羽化殻を回収した。
すべてアブラゼミ。数は67であった。例年90ぐらいなので
今年は少ない。しかしながら、樹木のスペースは約12m×2mの
約24m2なので約3匹/m2となる。密度は高めか?
♂が40、♀が27と♂が多い。原因は不明。
ちなみに♂と♀の見分け方は、先端部よりやや上方の
産卵弁の痕跡の有無(あれば♀)。写真参照。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(羽化殻)    (メス:産卵弁の痕跡が先端部よりやや上部にあり)(オス)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2011/9/10

干潟のシギチ観察(木更津市、習志野市)  野鳥

大潮で潮がひく時間に、東京湾の干潟に出かけた。
遠方にアクアラインウミホタルを望む金田地区。ひいて広大な干潟が広がったせいか、
分散しているのか、期待ほど見れなかった。夏羽の終わりかけのハマシギ、シロチドリ、
キアシシギ、チュウシャクシギ、イソシギなどのシギ・チドリに加え、ダイサギ、アオサギ、コサギ
、アマサギの群れを観察できた。多くのヤマトオサガニがのんびり歩いていたが、キアシシギに食べられる個体もいた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(アクアライン背景のサギの群れ) (ハマシギ)(シロチドリ)   (ヤマトオサガニ)
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(カニを食べるキアシシギ) (チュウシャクシギ) (イソシギ)   (セグロカモメ)
翌日(9/11)は、谷津干潟。セイタカシギ、ダイゼン、トウネン、ハマシギ、キアシシギ、アオアシシギを観察できたが、数は多くはなかった。そして遠すぎて撮影もできなかった。こちらも期待外れ。
葦原ではセッカが鳴いていた。どちらの干潟もカワウ、ウミネコが多い。
クリックすると元のサイズで表示します
(セッカ)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2011/9/4

里山に秋の気配(市原市南部)  野鳥

台風の影響でやや風があり、変わりやすい天候の中、市原市南部の里山を歩く。手入れされている谷津の斜面では、センニンソウ、ツリガネニンジンなど秋の花が咲いていた。すぐ脇に、なんとスズメバチの巣。巣の中からこちらをうかがっていた。静かにしていたので襲われなかったかな。まだ巣自体は20cm程度と小さいが、これから急速に大きくなり、より危険になる恐れがある。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(風景)           (センニンソウ)   (ツリガネニンジン)   (ズズメバチ)
谷津の池では、オオイトトンボ、モノサシトンボ、キイトトンボ、ギンヤンマなどが飛び交っていた。近くでキチョウが集団で吸水していた。
帰途、養老川でアマサギの群れに出会った。南にわたる途中であろう。稲刈りも多くの田んぼで終え、秋の気配を感じた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(オオイトトンボ)      (キチョウ)      (アマサギ)

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ