2011/12/31

鳥見納め(市原市内)  野鳥

里山の冬鳥観察を今年の鳥見納めにしようと思い、市原市南東部に出かけた。目的地ではカラの混群が迎えてくれた。シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、コゲラ、エナガが目の前を忙しく通り過ぎて行った。ルリビタキの声も複数確認できたが、残念ながら青い姿を見つけることはできなかった。場所を変えたところ、休耕田のブッショの中から、ベニマシコ、アカハラの声。姿は一瞬しか見ることができなかった。そのほか、アオジ、カシラダカ、ウグイス、モズを確認できた。しばらくすると、上空をノスリが舞った。更に、遥か遠くのヒノキの木のてっぺんに、オオタカ成鳥が姿を現した。
ウソ、マヒワ、ツグミやジョウビタキは確認できなかった。冬鳥の出が遅いようである。来年を期待しよう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(ヤマガラ)         (ノスリ)        (オオタカ)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2011/12/25

順光を浴びて(木更津市)  野鳥

水鳥の観察に出かけた。タシギ、タゲリ、アオアシシギ、タカブシギ、ダイサギ、アオサギなどを観察できた。残念ながらワシタカ類は姿を見せなかった。タゲリやタシギは順光を浴びて、美しい姿を見せてくれた。タシギの数は相変わらずだが、タゲリが2羽程度と少なく、カモ類は1羽も観察できなかった。年々減っているような気がする。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
     (タゲリ)       (タシギ)        (アオアシシギ)     (タカブシギ)、



ぶらぶら自然散歩!!
0

2011/12/24

ハヤブサの伸び(市原市)  野鳥

以前から観察を続けているハヤブサが、鉄塔の上で、伸びや頭かきをしてくれた。精悍な姿の中にも、なんとなく愛嬌を感じるシーンであった。滞在1.5カ月。まだまだ居て欲しいものだ。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0
タグ: ハヤブサ

2011/12/18

里山整備(市原トンボ池)  活動

市原トンボ池の会12月定例会。9名の参加。トンボ池の一部が結氷するような冷え込みであったが、通路の整備や草刈り、トウキョウサンショウウオ産卵用の池の整備などを行った。Tさんのアウトドア料理(チゲウドン)で締めくくり。冷え切った体が内側から温まった。夏に小屋の中にスズメバチが営巣し、小屋が使えなかったが、ようやく本日小屋に入り道具を取り出して作業を進めた。スズメバチの巣は、空間が制約されたせいか、サッカーボールぐらいの大きさでそれほど大きくはなかった。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(通路の整備)  (草刈り作業など)  (柿にやってきたエナガ) (スズメバチの巣)
往路にチョウゲンボウ、復路に例のハヤブサを観察できた。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
(チョウゲンボウ♀)  (チョウゲンボウ飛翔)  (ハヤブサ飛翔)



ぶらぶら自然散歩!!
0

2011/12/11

滞在1月超@ハヤブサ  野鳥

渡ってきたハヤブサについて度々報告してきたが、滞在1月を超えた。今日は昼見に行くと、いつもの鉄塔に止まっていたがしばらくすると、飛び立っていった。先先週鉄塔上で捕らえてきた獲物を食する光景を見た(残念ながら写真は角度が悪く撮れなかった)ので、鉄塔の下に再び行ってみた。以前より、多くの羽や骨が散乱しており、キジバトもしくはドバトと思われるグレーの羽が多かった。その中に、ハヤブサの羽と思われるものが1枚あった。自宅で図鑑で調べたところハヤブサの羽であった。
滞在が続けば、鉄塔の下はより凄まじい光景になることであろう。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (ハヤブサ)    (散乱する羽)     (ハヤブサの羽)

ぶらぶら自然散歩!!
0
タグ: ハヤブサ

2011/12/4

富士山バックにズグロカモメ  野鳥

日本野鳥の会千葉県支部小櫃川河口干潟探鳥会に前回(10月)に続き参加。
低気圧の影響で強風だったが快晴の中、約15名で開催。本当に風が強かったが、そのおかげもあり、富士山がくっきり。富士山をバックに干潟の野鳥を観察できた。ズグロカモメ、セグロカモメ、ユリカモメなどのカモメの仲間やダイシャクシギ、ハマシギ、ダイゼン、シロチドリのシギチ、
スズガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリなどのカモ、ミサゴ、チュウヒ、トビなどの猛禽などを観察することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(富士山バックの干潟) (ズグロカモメ)  (富士山とズグロカモメ)

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ