2012/3/25

トンボ池にも春の訪れ(市原市)  活動

市原トンボ池の会定例会。久しぶりの快晴。気温はまだまだ低いが春の訪れを実感した。トウキョウサンショウウオは20対を超える卵塊をみることができた。ニホンアカガエルは一足早く、オタマジャクシになっていた。ギンヤンマ系のヤゴ、イトトンボ系のヤゴも発見。土手にはタチツボスミレが咲いていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(トウキョウサンショウオ卵塊) (アカガエル幼生) (ヤゴ)        (タチツボスミレ)
ウメも遅咲きながら、きれいに咲いていた。周囲からはウグイスのさえずり。春です。トンボ池は一部漏水があり、それを皆で修復した。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(作業1)           (作業2)          (ウメ)
午後は、皆で農業センターに移動。昨年移植したカタクリの状況を見た。片葉がでているのが16、両葉がでて蕾があるのが1。昨年約60を移植した。失敗かどうかはもう少し様子を見ることとした。
往路にいつもの鉄塔へ。またハヤブサを観察することができた。約6カ月滞在していることになる。近くの田んぼではキジ。カワラヒワも「キリリコロキリコロ」と鳴いていた。ヒバリも囀り賑やかになってきた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(カタクリ)        (ニオイタチツボスミレ)     (キジ)        (カワラヒワ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ハヤブサ)         (我が家のウメ)

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ