2012/4/30

ハラビロトンボの羽化  トンボ

梅が瀬渓谷の帰りに立ち寄ったとある休耕田では、羽が透明で、ふわふわとして飛んでいるトンボを発見。羽化したての、ハラビロトンボであった。羽化したては、顔の上部が青くなく、しばらくすると青く変化するようである。千葉県の要保護生物に指定されている。大切にしたいものだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ハラビロトンボ羽化)     (羽化直後)    (羽化後しばらく後)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2012/4/30

モリアオガエルの産卵(市原市内)  両性・はちゅう類

市内南部を歩いた。オオルリやウグイス、センダイムシクイが賑やかに囀り、水辺からはカジカガエルの声が高らかに聞こえる。止水箇所では、モリアオガエルが鳴き、やや黄色味のある白い卵塊が2,3ぶら下がっていた。「クッ、ククククク」と響き渡る声の中で、「クッ、クッ、クッ・・」と途切れ途切れの声がした。もしやと思い声の方を探すと、笹藪の隙間から、遠くに真っ白な卵塊とその上部に群がる個体を発見。産卵だ。双眼鏡で覗くと、大きなメスに4体のオスがしがみついている。命をつなごうというすごい光景だ。(この地域の個体は斑点がついたものが多い)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
(モリアオガエル卵塊) (モリアオガエル産卵)  (拡大) 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(オオルリ)         (カジカガエル)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2012/4/28

ひっそりと咲くクマガイソウ(市原市内)  野草

昨年出会えたクマガイソウに今年も会いたくて、森の中に入った。今年も出会うことができた。華麗とは言えないが、特徴的な丸い唇弁が存在感を醸し出す。今年は6つの花を確認できた。ひっそりと森の中で、咲くクマガイソウ。心ない人たちによる盗掘などで絶滅状態。ここのものは数は少ない。いつ絶滅になるかわからない。私のこのブログが命取りになるかもしれない。ゆえに場所を特定できるような情報は流せないが、保護を訴えるという趣旨で敢えて紹介させてもらった。ご理解願いたい。
近くの里山では、チゴユリ、ホタルカズラも咲いていた。シオヤトンボやニホンカワトンボも飛び始めた。サシバ、オオタカも舞った。ますます賑やかになる里山である。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(クマガイソウ)      (クマガイソウ)      (チゴユリ)      (ホタルカズラ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(シオヤトンボ)     (ニホンカワトンボ)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2012/4/22

賑わいつつあるトンボ池(市原市宿)  活動

市原トンボ池の会4月定例会。10時ごろから雨が降り出し午前中で切り上げた。トンボ池周辺は、新芽が芽吹き、緑色のきれいなパッチワーク。田植えはすでに終わっていた。雨ということで、倒木の処理と物置の整理を実施。きれいに片付いた。池では、トウキョウサンショウウオの幼生、アカガエルの幼生が泳ぎ、イモリがその中を泳いでいた。それら幼生を餌にしているのであろう。裏山からは、ウグイス、メジロ、シジュウカラのさえずりに混じりキビタキ、ヤブサメの声。夏の小鳥も続々わたってきている。キジも盛んに鳴いていた。残念ながらサシバは確認できず。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(トンボ池前の水田)    (トンボ池)     (トウキョウサンショウオ)   (イモリ)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2012/4/21

サシバ鳴く春の里山(市原市内)  野鳥

 木々が芽吹き始めた里山を歩いた。
イチリンソウがようやく咲き、優雅な貴婦人という感じだ。ニリンソウも先週に比べ大きく花開いている。可愛らしいジロボウエンゴサクも淡い紫がきれいだ。少し気が早いホウチャクソウも観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(芽吹く森)          (イチリンソウ)        (ジロボウエンゴサク) (ホウチャクソウ)
観察最中に「ビッ、クイーン」の声。声がする方を探すと、サシバが1羽止まっていた。今年、初認。しばらくすると、飛び出し。上空に舞い上がっていった。すると、もう1羽のサシバが飛んできて、ランデブー飛行。そのうち、2羽で遠くに飛んで行った。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(サシバ)       (サシバ飛翔)     (サシバ:ランデブー飛行)   (田植え準備)
水田では、水が張られ、一部では田植えが終わっているところも。水田のあちこちから、シュレーゲルアオガエルの声。まだまだ冷え込んではいるが、春の様相がより一段と深まってきたようだ。

ぶらぶら自然散歩!!
0

2012/4/15

スミレを求めて(市原市内)  野草

雨上がりの快晴の日曜日、スミレを探しに市内を回った。先週ようやくヒナスミレが咲き、7-10日遅いという感じであったため、それを考慮して回った。例年4月第1、2週に観察できるマキノスミレも咲き始めであった。赤紫色の花と、立ち気味の葉が印象的である。里山では、タチツボスミレは満開、ニオイタチツボスミレ、アカネスミレが咲き始め。ノジスミレもようやく咲いたという感じ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(マキノスミレ)    (ニオイタチツボスミレ)  (アカネスミレ)   (ノジスミレ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
(ニリンソウ)       (イチリンソウ)      
ニリンソウは日当たりのいいところでは8分咲き、悪いところでは2分咲きの状況であった。
キジ、ウグイスが至る所で鳴いていおり、市原市南部ではオオルリの姿と囀り、ヤブサメの囀りを確認できた。今年初認である。一方、冬鳥のツグミ、アオジ、カシラダカも観察できた。ある谷津田では、オオタカ2羽が「キキキキキキキ」と鳴き交わしていた。野鳥も活発に活動する時期だ。 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
      (キジ)      (アオジ)         (オオタカa)      (オオタカb)
 


ぶらぶら自然散歩!!
1

2012/4/8

ツバメ飛来(市原市山倉貯水池)  野鳥

夕方、山倉貯水池にカワウのカウントにでかけた。貯水池の周りは桜の名所になっており、8分咲きといったところか。池には、ヒドリガモ、コガモ、キンクロハジロなどのカモが数は少ないが浮かんでいた。カンムリカイツブリはすっかり夏羽になり、渡り直前といったところ。水面上を、ツバメ数羽が行きかう。今年初認だ。この時期、冬鳥と夏鳥が交差する興味深い季節である。
カウウは300を超え、営巣数も100近く。カワウだけでなく、アオサギやゴイサギもコロニーを形成している。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ツバメ)        (カンムリカイツブリ:夏羽)   (カワウコロニー)   (桜 8分咲き)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2012/4/8

ヒナスミレ群落発見他(市原市内)  野草

市内に、イチリンソウ、ニリンソウを観察に出かけたが、まだツボミさえ出ておらず、カラ振りかと思いながら竹藪の中の小道を歩いているとスミレの群落発見。ややピンクがかった花。ハート形の葉。ヒナスミレだった。花は少なくとも30-40はあったろう。これだけの群落は市原市内でもないはずだ。少し興奮してしまった。近くには葉が大きめのコスミレ。貴重な生息地。大切にしたい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (ヒナスミレ群落)     (ヒナスミレ)         (ヒナスミレ)        (コスミレ)
近くの谷津田では、ツマキチョウが舞い、ニオイタチツボスミレ、クサノオウが咲いていた、ウグイスやヒバリ、水田からはシュレーゲルアオガエルの声。まだまだ寒く、例年より遅いが、少しずつ賑やかになってきた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ニオイタチツボスミレ)   (クサノオウ)    (ツマキチョウ)  
午後、トンボ池の会のカタクリ移植活動に参加。
クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
2

2012/4/7

裏高尾の野草を訪ねて(東京都高尾山)  野草

会社の仲間9名で裏高尾にハイキングにでかけた。テーマは「野草(スミレ)を訪ねて」。日影沢から登り、城山経由小仏峠、景信山、小仏バス停に降りるコース。高尾山はスミレの宝庫であり、この季節様々な、スミレを観察できるという。満員のバスを降りると、いきなり、キクザキイチゲ、ナガバノスミレサイシン、アオイスミレが出迎えてくれる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(キクザキイチゲ)   (ナガバノスミレサイシン) (アオイスミレ)      (ユリワサビ)
林道を上がる途中で、伏流水が流れるガケからカエルの声。タゴガエルだ。岩の隙間の奥に♂♀が重なり合っている。卵塊も見ることができた。渓流沿いには、ユリワサビ、ヨゴレネコノメが咲く。ニリンソウ群落はツボミが多く、まだのようだ。コチャルメルソウも可憐だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ヨゴレネコノメ)        (ニリンソウ)     (コチャルメルソウ)   (タゴガエル卵塊)
更に登ると、土手に、タカオスミレ。咲いていない。ツボミだ。葉の表面が茶色で裏が緑の珍しいスミレ。これを期待していたが残念だ。日当たりが良い土手にはタチツボスミレ、コスミレ、エイザンスミレが咲き、センボンヤリ、キケマンも見ることができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(タカオスミレ)         (コスミレ)        (エイザンスミレ)    (センボンヤリ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(キケマン)         (テングチョウ)
景信山周辺では、フクジュソウ、ヒゴスミレ、ナガバノスミレサイシンを観察でき、下山した先では、オトメスミレ、クロモジの可憐な花を見ることができた。野鳥はあまりさえずらず、ヒガラ、ホオジロ、ミソサザイ、コゲラ、キセキレイなど。期待したスミレであったが、寒い冬の影響で、遅いようだ。でも、それなりにその土地のスミレに出会えらことは収穫であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(フクジュソウ)       (ヒゴスミレ)         (オトメスミレ)     (クロモジ)
ハイキングコースからは、高尾山を見下ろし、遠く、都心のスカイツリーも見えた。下山後は居酒屋で打ち上げ。楽しいハイキングであった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(高尾山方面)       (都心、スカイツリー)   (記念撮影)



ぶらぶら自然散歩!!
2

2012/4/1

春ウララ(市原市内)  野草

穏やかに晴れた日曜日。近所を散策。
トンボ池の会で移植したカタクリは1株のみ花をつけた。また、コスミレ(白色タイプ)も咲いていた。
一足早く咲いた緋寒桜にメジロが集まり、蜜を吸っていた。ソメイヨシノはまだまだ蕾だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(カタクリ)           (コスミレ)       (メジロ)

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ