2013/1/20

インフルエンザで安静中  野鳥

1月17日にインフルエンザA型と診断され、自宅安静中。外出禁止なので当面観察は禁止です。マスクはしていたのですがどこかで移されたようです。
皆さんも、気をつけましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
   (休養中)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/1/13

独特の素晴らしい自然(沖縄)  野鳥

連休を利用して沖縄に出かけた。漫湖では、ソリハシセイタカシギ4羽、クロツラヘラサギ5羽に出会うことができた。アカアシシギ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギも多い。ミサゴも複数羽飛び回り、遠くからサシバの鳴き声が聞こえた。街中にあり、ゴミが多い干潟ではあるが貴重な野鳥の生息域になっている。マングローブが適度にあることで身を隠すことができるためと考えられる。よく観察するとソリハシセイタカシギには、水かきがついていた(図鑑では紹介がない)。シギチの中では、この鳥だけではないか?それにしても、灰色の足が美しく、力士の弓取り式のように、反っている嘴を左右に振りながら餌を探している姿はユーモラスであった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ソリハシセイタカシギ) (クロツラヘラサギ)  (アカアシシギ)     (ミサゴ)
ヤンバルでは夜のガイドツアーに参加して、ヤンバルクイナの観察に出かけた。木に登って寝ている姿を観察しようというものだ。ガイドさんがライトで探しながら車を走らせ、数箇所でヤンバルクイナを見つけることができた。暗闇でよく見つけられるものだ。ヤンバルクイナは寝ると警戒心が少し弱くなるようだ。長時間ライトを充てられないので短時間での観察であったが、間近で片足で眠る姿を観察できた。その他、緋寒桜の蜜を求めに来たオリイオオコウモリ、陸生ホタルの幼虫、イシカワガエルの奇妙な声などに触れ合うことができた。残念ながらケナガネズミには遭遇できなかったが、夜のヤンバルを堪能できた。加えて、星空が綺麗であった。
ヤンバルクイナは翌早朝、道路に採餌に来た3羽を観察できた。けたたましい声や俊敏性にもびっくりした。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
       (ヤンバルクイナ)          (オリイオオコウモリ)  (やんばるの森)
アカヒゲの声も聞くことができたが姿を見ることはできなかった。沖縄にはトビやカモ、カモメ類は少ないが、シロハラ、イソヒヨドリが多い。ツグミもいなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (イソヒヨドリ♂)    (イソヒヨドリ♀)     (シリケンイモリ)      (海)
北部沖縄(やんばる方面)と南部沖縄では、地形形成の歴史が異なり、土壌の違いで植生が異なるとのこと。それに伴い生態系が異なるとのことであった。
今回、生まれて初めての沖縄であったが、海山とも素晴らしい。千葉や本州とは全く異なる独特の自然に触れ合うことができ、たいへん勉強になった。基地問題や平和を考えるきっかけにもなる。機会があったらまた行ってみたい。

 



ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/1/6

近所での鳥見(市原市内)  野鳥

自宅から車で5-10分のところに、私のフィールドがいくつかあるが、数箇所回ってみた。本日見られた冬鳥は以下のとおり。山林では、今年頻繁に見られるウソ、ベニマシコ、アオジ、ビンズイ、カシラダカ、シロハラ、ハイタカなど。公園に隣接する広場では、これも数が多いツグミ、シメを観察することができた。耕作地では、タヒバリ、コクマルガラス、ミヤマガラス。ハヤブサは今年初見。捕らえた野鳥を貪るように食べていた。珍しい鳥はいないものの、それなりに楽しませtくれるフィールドである。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     (ウソ)          (シメ)  (コクマルガラス&ミヤマガラス)  (タヒバリ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ハヤブサ:羽が散乱) (ハヤブサ:口に咥える)


ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/1/3

海辺の野鳥(横須賀市)  野鳥

正月休みに三浦半島にでかけた。遠くに富士を眺めることができる磯浜では、ウミネコ、ユリカモメが群れ、その中にセグロカモメ、オオセグロカモメが混ざっていた。カモ類も岩場の間でエサ探し。ヒドリガモが多く見られた。イソヒヨドリ、イソシギ、コサギや、アオサギ、ダイサギも深みにはまらないよう注意深く餌を探していた。城ヶ島ウミウのコロニー付近ではハヤブサが飛翔していた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(富士山)         (カモメ類)    (ヒドリガモ&オナガガモ)  (イソヒヨドリ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (イソシギ)        (トビ)         (ダイサギ)      (ウミウコロニー)
冷たい風が吹いていたが、広大な海を眺めるとしゃきっとして気が引き締まる思いだ。

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/1/1

あけましておめでとうございます  その他

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
1月1日の初日の出ではありませんが、1月1日夕焼けの中の富士山です。工場の煙がやや邪魔していますが美しい富士山でした
クリックすると元のサイズで表示します
(市原市養老川の向こうに見える富士山)
富士山とくれば鷹ですが、本日トビしかみれませんでした。昨日撮影したハヤブサです。
クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ