2013/4/13

スミレ観察(東京都高尾山)  野草

会社仲間と高尾山にスミレ観察に出かけた。快晴、絶好の行楽日和。京王線高尾山口は人ごみ。私たちは、人ごみを避けて、麓の高雄病院から急な登りを一気に登り3号路から高尾山頂を目指し、日影林道に降りるコースを取った。結果的に大正解であった。3号路は、南向き斜面、常緑樹が多い。日当たりがいい山道では、タチツボスミレが多く見られ、スミレサイシンやエイザンスミレ、マルバスミレ、ヒナスミレの多くは終わっていた。スミレ類の密度は濃い。特に日あたりがいい山頂付近では、オカスミレ、スミレが見られた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
    (山頂)          (景色)          (新緑)      (新緑の渓流)
山頂は、通勤時並みの人混み。昼食スペースの確保も大変なようだ。3号路の静けさとは大違いであった。サクラも咲いていた。山頂からの下りは、北向き斜面。南向きとは異なり、エイザンスミレもナガバノスミレサイシンも見頃であった。葉よりも先行して咲く、アケボノスミレも発見。ヒカゲスミレも見つけることができた。最後は、締めくくりでヒカゲスミレの亜種で、葉が茶色いのが特徴のタカオスミレを観察することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(エイザンスミレ)    (マルバスミレ)       (オカスミレ)       (スミレ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(アケボノスミレ)  (ナガバノスミレサイシン)(シロバナノナガバノスミレサイシン) 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (ヒカゲスミレ)      (タカオスミレ)     (タカオスミレ)
その他、ニリンソウ、フデリンドウ、ジュウニヒトエ、ヒトリシズカ、ヤマルリソウ、コチャルメルソウなど。新緑が眩しかった。タゴガエルが伏流水がでる岩の穴の中で鳴いていた。卵も見つけることができた。ただ、オオルリ、センダイムシクイなどの夏鳥は見られなかった。まだ渡って来ていないようである。天気に恵まれスミレ三昧の楽しい観察会であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(フデリンドウ)      (ジュウニヒトエ)    (ヒトリシズカ)    (コチャルメルソウ)



ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ