2013/7/24

オオムラサキの求愛行動(市原市内)  チョウ

この時期市原市でも局所的であり、数多くは見られないがオオムラサキを観察することができる。毎年出現するフィールドに出かけたところ、トンボ池の会の仲間のkさんが既に陣取っていた。クヌギの樹液を求めて時折飛来するということで、炎天下待った。しばらくして、ゴマダラチョウ1羽が飛来した。黄色の口吻が印象的だ。その後、待つこと数十分。ようやく雄が飛来した。左前翅に少し欠損はあるものの、青紫色が綺麗な個体であった。飛来直後は、翅を広げたり閉じたりするが、樹液を吸い始めると、ほとんど翅を開かず一心不乱に樹液を吸っていた。やがて、キイロスズメバチにちょっかい出され、どこかに飛んでいってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ゴマダラチョウ)    (オオムラサキ:オス)     (オス)           (オス)     
その後、大部時間をおいて再び雄が飛来し、その後、一回り大きいメスも飛来し、オスがメスを追いかけ始めた。葉陰で休んでいたと思われる別のオスも加わり、3頭の乱舞。やがて、メスがクヌギの木に止まり、1頭のオスが近くに止まった。オスがメスの正面に移動し、じっと見合っている。やがて近づき触角と触角を合わせた。交尾が始まるのを期待したが、オスがメスの背後に回り込もうとするとメスもオスの正面になるように位置取りし、なかなか後ろを見せない。オスが飛んでは背後に回ろうとするが、メスが拒否するといった行動を続けていた。やがて、オスがあきらめたのか飛び去っていった。メスはしばらくその場にいたが、これで子孫を残せるのであろうか?数が少ないうえに交尾しなかったら増加しないのではと不安になる。 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
          (求愛行動)
樹液には、アカタテハ、キタテハ、ヒカゲチョウ、キイロスズメバチ、カナブン、ハナムグリなどがやってきていた。



ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/7/21

絶滅の危機に瀕しているトンボを探して!!(市原市内)  トンボ

市内の水辺を周り、絶滅の危機に瀕しているトンボを探した。最初に訪問した湿地では、モートンイトトンボ(千葉県レッドデータブック:Bランク)、ハラビロトンボ(Bランク)、を確認。アブに捉えられたハラビロトンボも観察できた。もったいないような気もするが自然の摂理で仕方ない。ヒシが水面を覆う池では、チョウトンボ(Dランク)の乱舞、そして水面では、オオイトトンボ(Bランク)。そして、なんとホソミイトトンボ(Aランク)を見つけることができた。ホソミイトトンボは浮き草にしっかり連結産卵していた。イトトンボなどこの種のトンボは連結産卵する際、雄が足を曲げて踏ん張っているような姿勢を見せる。必死に産卵している様子が伺える。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(モートンイトトンボ♀)  (ハラビロトンボ)  (捕食されているハラビロトンボ)(チョウトンボ)
さらに別の池では、ベニイトトンボ(Aランク)、キイトトンボ(Cランク)、モノサシトンボ(Cランク)、オオイトトンボ(Bランク)を見つけた。それでも簡単に見つけれれるものではない。葦で覆われた水面近くを双眼鏡でスキャンするように探す。根気で見つけることができた。何といっても今まで見つけられなかったところで見つけたベニイトトンボは今日の最大の発見。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (オオイトトンボ) (ホソミイトトンボ(連結産卵)) (キイトトンボ)    (ベニイトトンボ)  
その他、水辺で陣を張るウチワヤンマ、まだ顔の青みが薄いマイコアカネ。久しぶりの出会いだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ウチワヤンマ)     (マイコアカネ) (ナツアカネとモノサシトンボ) (ゴマダラチョウ)
その他、ハグロトンボ、アジアイトトンボ、クロイトトンボ、ショウジョウトンボ、ギンヤンマ、オニヤンマ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、コフキトンボ、アキアカネ、ナツアカネ、ノシメトンボなどをトンボ三昧であった。絶滅の危機に瀕しているトンボを見る機会が年々減少している気がする。保護したいものだ。

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/7/20

早くも南下コムクドリ(市原市内)  野鳥

毎年7月終わりから8月にかけて近所の水路にコムクドリの群れが立ち寄る。寒冷地での子育てを終え一足早く南下しているものであろうか?ムクドリの群れと合流し、午後遅く集団で水浴びにやってくる。この日も運良く近くで水浴びしてくれた。賑やかに激しく水しぶきを上げながら涼をとっていた。他の水路では、チュウサギの食事風景に遭遇。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(コムクドリ)                                  (チュウサギの食事)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/7/14

トンボ三昧(長野県伊那&北八ヶ岳)  トンボ

市原トンボ池の会、恒例のトンボ観察研修旅行。今回は、8名で伊那、北八ヶ岳方面に出かけた。
初日は、伊那市の「トンボ王国」。休耕田をトンボ池に利用している。ここの目玉はハッチョウトンボであるが、数が多く容易に見つけることができた。親指の先端から第1関節ほどの大きさ。本当にアブほどの大きさだ。小さい。地域でしっかり保護活動がされていることにも感動した。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ハッチョウトンボ♂)   (ハッチョウトンボ♀)  (キイトトンボ)      (風景)  
その他、ハラビロトンボ、ショウジョウトンボ、コフキトンボ、シオカラトンボ、アキアカネ、ミヤマアカネ、ホソミオツネントンボ、オオイトトンボを確認。モートンイトトンボを見つけられなかった。
蓼科温泉に宿泊したが、早朝散歩の際、宿の横の水路でミヤマアカネの群落を発見。水辺を観察するとオオシオカラトンボの羽化が複数見られた。また、ロープで羽化するオオアオイトトンボも複数発見。何気ないところで、トンボを発見することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ミヤマアカネ♂縁紋が赤) (ミヤマアカネ♀縁紋が白) (オオシオカラ羽化)(オオシオカラ成体)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(オオアオイトトンボ羽化)(オオアオイトトンボ羽化) (オオアオイトトンボ成体)(白駒池)
最後は白駒池で、ルリイトトンボを堪能した。ここは密度が濃い。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ルリイトトンボ羽化) (ルリイトトンボ♂) (ルリイトトンボ♀) (ルリイトトンボ交尾)
入笠山や霧ヶ峰にも寄ったが、アサギマダラを数多く観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(アサギマダラ)   (ギンボシヒョウモン)  (ヒメシジミ)   (霧ヶ峰:ニッコウキスゲ群落)
今回も、様々な動植物に会えて楽しい時間を過ごすことができた。

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/7/14

真夏のジョウビタキ(長野県蓼科高原)  野鳥

3連休の土日の1泊2日で、千葉のトンボ池の仲間とトンボ観察目的の研修(?)ツアーに蓼科方面に出かけた。行程の一つで北八ヶ岳に寄った時、ロ−プウェイ山麓駅でジョウビタキ♂を確認した。最初、ホオジロの声に近く、周囲でもホオジロが鳴いていたこと、案内放送や音楽が流れよく聞こえなかったことなどで、気に止めなかったのだが、よく聞くと時折イカルやオオルリの鳴き方に近い聞きなれない鳴き方をしており、探したところ、木のてっぺんで囀っていた。羽に白斑があったので、最初はキビタキかとも思ったが(ジョウビタキはいるはずがないということで選択肢になかった)、キビタキの鳴き方とも異なるのでよ〜く見ると、ジョウビタキだった。長年野鳥観察をしているが、ジョウビタキの越夏を見たのはこれが初めて。この時期に囀っているということはペアになれず、繁殖はできていないといことなのだろうか?2011年にも上高地で越夏している個体が確認されているようだ。
車山高原では、ニッコウキスゲ咲く高原で、ノビタキやホオアカが囀っていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ジョウビタキ)      (ノビタキ)       (ホオアカ)       (ホオジロ)
(トンボ観察その他に関しては別途アップ予定)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/7/7

月山の頂上には立てず!!(山形県)  旅行・トレッキング・高山植物

会社仲間と7月5-7日までの2泊3日で登山予定で月山にでかけた。梅雨末期であり、ある程度は覚悟していたたものの、それでもいちるの期待を抱いていたが、日頃の行いのせいか、天気は好転しなかった。それでもリフトで上まであがれたが、霧に加え雷雨注意報も出たため登頂を断念し、すぐに下山した。それでも月山山麓の自然をささやかながらも楽しむことができた。リフト沿いには、ニッコウキスゲ、ショウジョウバカマ、ハクサンチドリ、オトギリソウなどが咲いていた。月山山頂の勇姿は見れなかったが、遠く姥ヶ岳を望む地蔵沼周辺では、多くのアマゴイルリトンボが羽化していた。モリアオガエルの卵塊、アカハライモリも見ることができた。湯殿山の麓の水辺では、トウホクサンショウオの卵塊を見つけることができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(地蔵沼からの姥ヶ岳)(姥ヶ岳&スキー場)  (ニッコウキスゲ)    (ミヤマスミレ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(アマゴイルリトンボ羽化)  (羽化直後のアマゴイルリトンボ)  (トウホクサンショウオ卵塊)

翌日は、反対側の弥陀ヶ原を歩いたが、霧深く、湿原の景色を楽しむことができなかったが、湿原の植物に少しだけ触れることができた。雨にならなかっただけ幸いであった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (霧の弥陀ヶ原)   (霧の弥陀ヶ原)     (ヨツバシオガマ)    (イワイチョウ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(花が終わったチングルマ) (トキソウ)      (ウラジオヨウラク)    (ズダヤクシュ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(マルバシモツケ) (ベニバナイチゴ)       (ゴゼンタチバナ)    (コバイケイソウ)

その他、ハクサンフウロ、タムシバ、オオカメノキなど。
いつか、天気が良い日に、リベンジしてみたい。



ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ