2013/8/24

ベニイトトンボ(市原市内)  トンボ

先日(7/21)ベニイトトンボを見つけたが、今日は別の池で見つけることができた。今回は比較的近くに止まってくれたのでアップで撮影することができた。その名のとおり、複眼や足も含め全てが赤い。わずかに触角と翅の網目模様が黒いのみだ。よくぞここまで赤いという感じだ。
チョウトンボ、運良くギンヤンマも目の前に止まってくれた。いずれも、鮮やかな色彩だった。トンボの色彩は多様であり美しく魅力的である。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ベニイトトンボ)    (ベニイトトンボ)     (チョウトンボ)    (ギンヤンマ)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/8/21

投稿記事(チョウトンボ)  投稿記事など

シティーライフ8月分投稿記事
「虹色に輝く羽で優雅に舞う:チョウトンボ」という記事を投稿しました。

リンク先:育もう!!市原の里山自然
http://www.ne.jp/asahi/ichihara/shizen/nikki/citylife/city.html



ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/8/18

シギ・チドリの秋の渡り始め(木更津市)  野鳥

炎天下に木更津の干潟に、渡り状況を確認に行ってきた。潮がやや引いた干潟には、まばらではあるが、鳥影が確認できた。遠いのでフィールドスコープで確認する。多いのは、キアシシギ。「ピューイ、ピューイ」と綺麗な声で鳴き交わしていた。シロチドリも群れで水浴びをしていた。干潟では珍しい、コチドリも発見。ソリハシシギが忙しそうに歩き回り、のんびりと歩くムナグロとは対照的であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (キアシシギ)     (シロチドリ)       (コチドリ)       (ムナグロ)
この日はオバシギの小群と1羽だがトウネンを確認できた。秋の渡りが始まったようである。コサギが大きな魚をなかなか飲み込めず苦労している様子も観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ソリハシシギ)     (トウネン)       (オバシギ)       (コサギ)
もっとじっくり観察したかったが、あまりにも暑いので、30分で切り上げてきた。9月末頃まで、渡りの観察が楽しみだ。

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/8/17

近所での観察:オニヤンマ・タマシギ(市原市内)  トンボ

せっかくの休日だが、連日の猛暑で遠出する気になれない。近場に短時間の観察に出かけた。公園では、オニヤンマを発見。オニヤンマも暑いせいか飛んでいるより、木陰の水辺沿いで休んでいる時間の方が長いようだ。珍しく2頭近接して休むようすを観察できた。縄張り行動より暑さしのぎを優先か?公園の池では、アオモンイトトンボの連結、クロイトトンボを見ることができた。また、ウチワヤンマが暑いにもかかわらず水辺の枯れ枝に止まっていた。アカネ類は、暑い時腹を上げて、直射日光の当たる面積を減らすが、ウチワヤンマは羽を広げ普通に直射日光にあたっている。耐熱温度が異なるようだ。ギンヤンマ、ショウジョウトンボ、チョウトンボ、コシアキトンボ、ゴマダラチョウなども確認。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (オニヤンマ 2頭)  (オニヤンマ)   (アオモンイトトンボ連結)  (クロイトトンボ)
その後、タマシギ探しに出かけた。なかなか見つけられなかったが、移動しながら丹念に、草影をさがしたところ、草の根元で2羽がじっとしているのを発見した。ほとんど同化しており、さすが隠れ上手だと感じた。こちらを警戒して、じっとしたままだった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (ウチワヤンマ)      (タマシギ)    (タマシギ♀のアップ)
その他、イソシギ、コムクドリ、カワセミ。



ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/8/6

旅のついでの自然観察(北海道道東)  旅行・トレッキング・高山植物

天候に恵まれ、北海道の大自然に触れ合うことができた。ジャガイモやソバの白い花と麦秋の色、牧草や野菜の緑色がおりなす、大地のモザイク模様は美しかった。また、摩周湖は相変わらず美しかった。北海道はよく訪問するが、以前にも報告したように、エゾシカが増えている印象が強かった。たまたま、鹿が湖に入り水草を食べている光景を見たが、臆することなくなんでも食べている姿にはびっくりした。屈斜路湖からの釧路川源流部ではカヌーを楽しみ、水の透明度やマルタウグイの群れを見ることができたが、ウチダザリガニの数の多さには驚いた。人為的に生息域が広げられているようだ。特定外来種であり、ニホンザリガニに影響を与えているようで対策が望まれる。
また、季節を変えて訪問してみたい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (釧路湿原)        (摩周湖)         (屈斜路湖)  (オンネトー&雌阿寒岳) 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
     (エゾシカ)    (ウチダザリガニ)    (ウチダザリガニ)    (マルタウグイ)







ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/8/6

旅のついでの自然観察:チョウ編(北海道道東)  チョウ

数多くのチョウが飛んでいたが、活発に行動しているためか、なかなか止まってくれず撮影がうまくできなかったが、それでも幾つかの北国に特徴的なチョウを撮影できた。様々なところで目にしたのが、コヒオドシとミヤマカラスアゲハ。この時期ヨツバヒヨドリが咲き、それにやってくるコヒオドシを頻繁に観察できた。ミヤマカラスアゲハはあちこちで飛んでおり。偶然、吸水にやってきたミヤマカラスアゲハを至近距離で撮影できた。金属光沢が美しい。金属光沢といえば、ミドリシジミ。釧路湿原では、ヤナギの木にミドリシジミが群れで集まっていた。数が多いのにびっくり。その他、コムラサキ、ウスイロオナガシジミ、フタスジチョウなどを観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(コヒオドシ)    (コヒオドシ:遠景は摩周湖) (ミヤマカラスアゲハ) (ミヤマカラスアゲハ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ミドリシジミ)      (コムラサキ)    (ウスイロオナガシジミ)   (フタスジチョウ)   



ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/8/6

旅のついでの自然観察:トンボ編(北海道道東)  トンボ

釧路湿原や屈斜路湖などを訪問したため、トンボにも遭遇した。トンボ観察のため時間を割けなかったが、北海道固有のトンボにも出会うことができた。釧路湿原では、トンボがやたら飛び交っていた。最も目に付いたのでエゾトンボの仲間。複数の個体が止まらずに飛び交っていたため、特定はできなかった。オオルリボシヤンマやヨツボシトンボなども数多く飛び交っていた。屈斜路湖では、エゾイトトンボ。女満別湖ではキタイトトンボに出会うことができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ヨツボシトンボ)   (エゾイトトンボ)      (キタイトトンボ)   (キタイトトンボ:未熟)

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/8/6

旅のついでの自然観察:野鳥編(北海道道東)  野鳥

8月3日から6日まで、結婚30年を記念して新婚旅行でも行った道東を夫婦で旅した。釧路から釧路湿原を経て屈斜路湖・摩周湖・阿寒を経て、網走に出るという観光しながら自然に触れ合うという旅だ。観光はさておき、触れ合った自然を野鳥、チョウ・トンボ、その他に分け紹介する。先ずは、野鳥編。
野鳥観察には中途半端な時期であるが、繁殖時期直後ということもあり様々な幼鳥に出会った。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(コサメビタキ:幼鳥)  (ゴジュウカラ:幼鳥) (センダイムシクイ幼鳥) (エゾビタキ幼鳥)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (マガモ親子)    (ホオアカ幼鳥)      (ベニマシコ幼鳥)  (オジロワシ若鳥)
その他、コ
ガラ、ヤマガラ、ノビタキ、アオサギなど。  

 



ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ