2013/8/17

近所での観察:オニヤンマ・タマシギ(市原市内)  トンボ

せっかくの休日だが、連日の猛暑で遠出する気になれない。近場に短時間の観察に出かけた。公園では、オニヤンマを発見。オニヤンマも暑いせいか飛んでいるより、木陰の水辺沿いで休んでいる時間の方が長いようだ。珍しく2頭近接して休むようすを観察できた。縄張り行動より暑さしのぎを優先か?公園の池では、アオモンイトトンボの連結、クロイトトンボを見ることができた。また、ウチワヤンマが暑いにもかかわらず水辺の枯れ枝に止まっていた。アカネ類は、暑い時腹を上げて、直射日光の当たる面積を減らすが、ウチワヤンマは羽を広げ普通に直射日光にあたっている。耐熱温度が異なるようだ。ギンヤンマ、ショウジョウトンボ、チョウトンボ、コシアキトンボ、ゴマダラチョウなども確認。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (オニヤンマ 2頭)  (オニヤンマ)   (アオモンイトトンボ連結)  (クロイトトンボ)
その後、タマシギ探しに出かけた。なかなか見つけられなかったが、移動しながら丹念に、草影をさがしたところ、草の根元で2羽がじっとしているのを発見した。ほとんど同化しており、さすが隠れ上手だと感じた。こちらを警戒して、じっとしたままだった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (ウチワヤンマ)      (タマシギ)    (タマシギ♀のアップ)
その他、イソシギ、コムクドリ、カワセミ。



ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ