2013/9/28

養老川中流に寄るシギチ(市原市内)  野鳥

先週見つけたケリは、今週末現在もまだ滞留中であった。この季節に移動途中のシギチは、養老川の川岸でも希に見ることができ、今週末までに、ミユビシギ、コチドリ、アオアシシギを見つけることができた。養老川の川岸は、砂性なので、泥ではなく砂を好むミユビシギがやってきたのであろう。ミユビシギは1羽であり、コチドリ数羽と行動を共にしていた。通常群れで行動するのであるがどうしたのであろう。アオアシシギは2羽見つけることができた。例のように忙しく動き回り採餌していた。小魚を捕まえて丸のみする姿も見られた。シギの魚の丸のみは、あまり見かけない光景である。2羽のうち1羽は幼鳥であった。川の近くでは、モズが高鳴き合戦していた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
(モズ)           (ミユビシギ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(アオアシシギ)    (アオアシシギ:魚捕食)  (幼鳥:手前)
毎年この時期にやってくるハヤブサはまだ来ていないようだ。



ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/9/23

ケリ来訪(市原市内)  野鳥

大渋滞で6時間かかって尾瀬から帰宅した翌日の連休最後の日、買い物途中、交差点で信号待ちしている時に、前方遠くに見慣れない飛び方をするやや大きめの数羽の野鳥を見つけた。カラスでもないドバトでもない。双眼鏡を覗いたところ、なんとケリだった。白と黒がはっきりしている。信号待ちをしている間、水田に降りたようなので、その近辺に向かった。ケリは8羽いた。幼鳥も数羽混じっており、どこからか移動してきた群れと思われるが、通年11月ごろから観察できる。今年は、早いどうしたのであろうか。警戒心が強く、遠方からの撮影でも飛んでいってしまったが、道路の近くに止まったので車から数枚撮影できた。嘴の黄色と、虹彩の赤が印象的な美しい鳥である。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/9/22

至仏山の野鳥など  野鳥

至仏山では、イワヒバリ、ホシガラスが間近に観察でき、ウソ、メボソムシクイ、ウグイスが鳴いていた。上空にオオタカ、その後クマタカが現れた。クマタカはホバリングして獲物を探しているようだった。下山途中、オコジョの姿を見ることができたのはラッキーだった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (イワヒバリ)     (ホシガラス)      (ホシガラス)      (オコジョ)    

ぶらぶら自然散歩!!
1

2013/9/22

至仏山登山(群馬県)  旅行・トレッキング・高山植物

22日は、山ノ鼻から至仏山を登る。標高1400mから2228mの頂上を目指す。下から見上げると、勾配はきつそうだ。最初は、森の中を歩く。途中から森林限界を過ぎ、蛇紋岩の登山道。滑りやすく登りにくかったが、下山する方が危険、高山植物の保護の観点から、山の鼻からの登山道は登り専用になっている。途中簡易的な鎖場があったり、木の階段があったりと多少登りやすくはなっているがそれでも、足元には注意した。かなりハードな登りだったが、高天ケ原からの尾瀬ヶ原そしてその向こうにそびえる燧ヶ岳の眺望は雄大で素晴らしく苦しさも吹き飛んだ。高山植物は時期的に殆ど咲いていなかったが、ナナカマドとツツジの葉が一足早く赤くなってきていた。至仏山までは、仲間とペースを合わせて3。5時間ほどかかった。頂上は,人混みで昼食のスペースを確保するのがやっと。帰りは小至仏山を経由して鳩待峠まで降りた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(朝もやの尾瀬ヶ原)  (朝もやの至仏山)        (尾瀬ヶ原と燧ヶ岳) 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
   (登山風景)          (頂上  2228m)            (小至仏山)     
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
(登山道から西側)     (西側斜面)      (キンロバイ)     (ウスユキソウ  



ぶらぶら自然散歩!!
2

2013/9/21

広大な尾瀬ヶ原(群馬県)  旅行・トレッキング・高山植物

連休を利用して、尾瀬ケ原散策、至仏山登山に旧職場の仲間4名と出かけた。21日は、鳩待峠から山ノ鼻に入り、尾瀬ヶ原散策。戸倉の駐車場はほぼ満杯。山ノ鼻に下る道沿いには、トリカブトが綺麗に咲いていた。宿泊予定の山小屋に荷物を預け散策。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (トリカブト)       (燧ヶ岳)       (燧ヶ岳)         (燧ヶ岳)
正面に、燧ヶ岳を眺めながら広大な湿原を歩く。快晴で、景色もバッチリ。花は、季節柄ほぼ終わり。エゾリンドウ、アキノキリンソウがポツポツ見られ、ウメバチソウやミツガシワもポツリポツリ。池塘のヒツジグサは丁度さく時間帯だったようで(羊の刻)綺麗に咲いていた。先週の、台風の大雨の影響で、尾瀬ヶ原は一部で冠水したようだ。低木の葉が泥で汚れていたり、草が倒れているところもあった。ヨッピ橋も橋直下までに水位が上がった痕跡があった。それでも、池の水は済んでおり、イモリ、ゲンゴロウなど観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (エゾリンドウ)   (ナガバノモウセンゴケ)   (ヒツジグサ)     (ミツガシワ) 
トンボはアキアカネは多くが里に降りたようで数頭しか見れなかったが、オオルリボシヤンマ、アオイトトンボは水辺で観察できた。びっくりしたのはムツアカネ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (アカハライモリ)    (アオイトトンボ)    (アオイトトンボ)    (ムツアカネ)    
野鳥は、イカル、マガモ、ツバメ、アオサギ、アカゲラ、トビ、モズ、カラ類ぐらいで、ほとんど気配がなかった。復路は、明日登る至仏山を眺めながらの散策。尾瀬ヶ原はいつ歩いても広大だ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ナナカマド)       (至仏山)        (至仏山)

ぶらぶら自然散歩!!
1

2013/9/14

アカガシラサギ(東京都葛西臨海公園)  野鳥

葛西臨海公園にでかけた。ハイドがある下の池に行くと、カメラマンが集まっていたので何事かと聞いたところ、アカガシラサギがいるちうことで双眼鏡でチェック。かなり遠めだ。浅瀬に上がってくる魚を待ち受け、捉える姿を観察できた。捕まえたらすばやく岸を上がり、アオサギに横取りされないようにしながら飲み込んでいた。ダイサギやコサギなどと異なるのは、岸辺で足をかがめて狙い済ませるところ。水の中には入らず捕らえていた。
アオアシシギ5羽、セイタカシギ4羽も上の池で採餌していた。その他、コチドリ、上空にハヤブサ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 (アカガシラサギ)    (アカガシラサギ)    (3ショット)     (アオアシシギ)
上の池(淡水池)には、ヨシゴイが来ているということであったが残念ながら見ることはできなかった。オナガの幼鳥、ヒヨドリ幼鳥、コムクドリが水辺に集まっていた。また、かなり遠かったが、胸の線からツツドリと思われるトケンを見つけた。他に、カワセミなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ゴイサギ幼鳥)     (ゴイサギ幼鳥)     (オナガ&コムクドリ)  (ヒヨドリ幼鳥)
クズが増え、ウラギンシジミやウラナミシジミが目立った。まだまだ暑く、残暑厳しく汗を流しながらの観察であった。



ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/9/7

人もシギチも干潟に集う(船橋市三番瀬等)  野鳥

今日は大潮そして干潮がお昼ということで、三番瀬と谷津干潟に出かけた。三番瀬は、はるか沖合まで潮が引いていたが、潮干狩り客で大賑わい。熊手で砂をさらっては編み袋にアサリをドッサリ入れていた。潮干狩り客だけでなくバーダーも多く、シギチの居場所はバーダーを見つければそこにいるので探すのは容易であった。この日最も多かったのはミユビシギとダイゼン。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
    (三番瀬)       (群れ)         (ミユビシギ)      (ダイゼン)   
バーダーが集まっていたのは、20羽程度のオバシギの群れ。オバシギにコオバシギが混じっているということで探し、ようやく数羽のコオバシギを見つけることができた。皆さんコオバシギ目当てのようであった。夏羽から冬羽へ移行しているようであった。オバシギは嘴の先でアサリを見つけては丸のみしていた。オオソリハシシギも2羽で採餌していた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
   (オバシギ)       (オバシギ)     (コオバシギ:左)   (コオバシギ)
その他、ハマシギ、シロチドリ、オオメダイチドリ、メダイチドリ、ソリハシシギ、キアシシギ、トウネンなど。まだコアジサシが数羽飛翔していた。ハマシギはまだ多くなく、ミヤコドリもまだだ。
谷津干潟では、キョウジョシギの群れ、オオソリハシシギ、コオアバシギ、キアシシギ、トウネンなどを確認。アオサが広がっていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(オオメダイチドリ)   (オオソリハシシギ)   (谷津干潟)      (キョウジョシギ)
 



ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ