2016/3/31

桜と冬鳥(甲府市内)  野鳥

今週も出勤前の早朝観察に、武田神社に出かけ日常を送っている。武田通りの桜並木は咲き進み、今日現在八部咲といったところか。桜の向こうには雪をかぶった鳳凰三山が見える。武田神社の森では、相変わらずアオサギが賑やかだ。ジョウビタキのオス、シロハラ、シメ、ツグミそして先週も群れでいたイカルといった冬鳥を間近に観察できた。
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2016/3/27

スミレ咲く(市原市内)  野草

早春のスミレを探しに千葉市原の里山を歩いた。
どこでも見られるタチツボスミレはちらほらと咲いていた。
日があまり刺さない森の中では、例年より少ない株数のヒナスミレが咲いていた。千葉では局所的で珍しい種類に入る。薄いピンクが気品を感じさせる、日当りのいい場所ではノジスミレ。淡いブルーが印象的だ。カタクリを保護してる地区で、アオイスミレが咲いていた。しわくちゃの花びらと葵のご紋に似た葉が印象的だ。これからスミレの季節、あちこち歩いて探してみることにする。
 クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2016/3/26

谷津の春(市原市内)  活動

市原トンボ池の会活動日。トンボ池手前の水田では、水が張られ、田植えの準備。トンボ池では、ヤナギの花が咲き、ニリンソウも一輪咲いていた。ツクシも密生していた。周囲からシュレーゲルアオガエルやウグイスの声が聞こえてきた。池の中には、トウキョウサンショウオの卵塊がいくつかあり、そのうちの一部から孵化した幼生が池底でじっとしていた。春を感じた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その他、ショウビタキ、ヤマドリのホロ打ち、フクロウの声。
作業としては、草刈りや木道整備、ヤゴ生育用のバット整備等を行った。

ぶらぶら自然散歩!!
0

2016/3/25

武田神社の桜は咲き始め(甲府市内)  野鳥

出勤前の早朝、武田神社に出かけた。快晴、南アルプスがよく見える。
アオサギが繁殖しているせいか、ガーガー賑やかであった。それでもウグイスの囀り。境内の林では木をしきりに叩く音を追った。アカゲラが餌を探していた。シロハラは警戒して飛び出してきた。シメ、ルリビタキ(メス)、も警戒して飛び去った。あまり警戒しなかったのはイカルの群れ。5,6羽いたであろうか。カシラダカは、頭が黒い夏羽に移行していた。
武田通りの桜並木は、咲き始めといったところ。来週は見頃になるであろう。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




ぶらぶら自然散歩!!
0

2016/3/21

ツバメ初認(市原市内)  野鳥

山倉ダムにカワウのカウントに出かけたところ、ツバメ数羽が湖上を飛翔していた。
証拠写真程度
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2016/3/20

甲府でも囀り始まる(甲府市)  野鳥

休日の快晴、甲斐武田家にまつわる武田神社を歩いた。境内の森は、知られた探鳥地。ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、シメが飛び回っていた。森からはイカル、ルリビタキ、アカハラ、ウグイスのさえずりが聞こえた。イカルの特徴的な声の方を探すと、まだ葉が少ないせいか、姿を確認できた。境内では、少数のアオサギのコロニーが見られた。巣作りの真っ最中。交尾も見られた。境内では、多くのテングチョウが舞った。厳しい冬を越し、春の暖かさを感じているようであった。羽をもがれたアゲハチョウも見つけた。羽化したばかりだったろう。可哀想に。
急に暖かくなった。これから、春に向け加速されるであろう。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


ぶらぶら自然散歩!!
0

2016/3/11

雪の中のザゼンソウ(甲府市郊外)  野草

東日本大震災から5年。甲府では、防災無線で黙祷の呼びかけがあった。
昨晩から寒気が流れ込み、朝山が白く染まった。勤務前に、雪のザゼンソウを見に出かけた。
また、昨日10日には勤務前にミスミソウを見に行った。初めて見るが、可愛らしい花をつけてひっそりと咲いていた。セツブンソウは既に終わっていた。
これから様々な花が咲いていく。ワクワクする。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


ぶらぶら自然散歩!!
0

2016/3/5

メスのヒタキはオスより可愛い(千葉市)  野鳥

日本野鳥の会千葉:泉自然公園探鳥会。39名と大人数の参加。4月上旬の陽気。ウグイスがさえずっていた。フクジュソウが咲き、ニリンソウが一部つぼみをつけ、タチツボスミレも数株開花していた。ここで、100%観察できるオシドリとカワセミを堪能したあと、森に入り、小鳥を探す。これだけ多いと野鳥が警戒し観察が難しいのだが、それでもなんとかヒタキを観察できた。ルリビタキのオスやメス、ジョウビタキのメスがじっと枝に止まりサービス満点であったが、個人的に、これらのヒタキはメスの方が可愛くて好きだ。ジョウビタキのメスは、咲き始めた梅の枝に止まり、可愛らしさをワンアップしていた。アトリ数羽、キクイタダキ、シロハラ等冬鳥を観察できた。上空には、オオタカが舞った。大人数の参加であったが、なんとか目的の野鳥を観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ