2016/4/29

茅ヶ岳登山(山梨県韮崎市)  旅行・トレッキング・高山植物

韮崎市にある茅ヶ岳に、定年前の勤務会社の後輩と先輩及びその友人の計5名で登山した。日本百名山ではないが、深田久弥終焉の地としてあまりにも有名。
諸事情により遅れ、集合の韮崎駅から我が車で出発したのが9時半頃。やや風があるものの晴れ。めざす茅ヶ岳がくっきりと見える。八ヶ岳っ南アルプス、富士山もきれいに見える。頂上からの眺望が楽しみだ。深田久弥記念公園に車を止め登山開始。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
ルートは、谷道の女岩経由頂上。時間があれば金ヶ岳まで行き、尾根道をもどるコースであった。
ボケの花や、アケボノスミレ、マルバスミレを見ながらゆっくり歩いて登る。ウグイス、キビタキ、オオルリがさえずっている。センダイムシクイ、ヤブサメの声も聞こえた。ヒナスミレは終わっていたが、登るにつれてエイザンスミレが増えていった。白色系やピンク系の花を咲かせていた。徐々に急になり、女岩あたりは急坂。ハシリドコロの群落が見られた。コルで昼食丁度12時であった。深田久弥終焉の地と記された記念碑の前で手を合わせ、頂上をめざす。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
13時に頂上着。疲労や時間を考慮し、金ヶ岳往復は止めることとし、茅ヶ岳頂上で時間を潰すことにした。富士山はもとより、南アルプスの甲斐駒ケ岳から、白根三山、鳳凰三山、などクッキリ。八ヶ岳、遠く霞んで北アルプス。そして瑞牆山、金峰山など奥秩父方面と360度抜群の眺望。コーヒーを飲んでくつろいで下山。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
尾根道は日当たりがいいせいかミツバツツジがきれいであった。日当たりを好むアケボノスミレが多かった。その他、ヒトリシズカ、ジロボウエンゴサク、ヒゲネワチガイソウなど。
下山後温泉に入り、甲府駅で解散した。楽しく気分晴れやかになる1日であった。


ぶらぶら自然散歩!!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ