2016/11/26

富士山とアトリ(山梨)  野鳥

甲府から身延を経由し本栖湖にでかけた。本栖湖からの富士山は、24日の雪が残り、周りの山がうっすら雪化粧。綺麗だった。その先の、朝霧高原もうっすら雪化粧。その向こうに富士山がどっしりとあった。朝霧高原では、アトリの群れに遭遇。50羽ほどであったろうか。
富士山は、見るたびに異なった姿を見せてくれる。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


ぶらぶら自然散歩!!
2

2016/11/20

ダイシャクシギ(木更津市)  野鳥

木更津の盤州干潟に出かけた。内陸では朝霧が深かったが、海は霞があるものの見通しが良かった。前浜の葦原では、オオジュリン、セッカがエサを探して飛び回っていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
干潟に出ると、波打ち際がすぐそこ。嘴が湾曲したダイシャクシギ3羽が歩き回っていた。ダイゼンも次々やってきて、60羽ほどになった。中に2羽オオソリハシシギが含まれていた。セグロカモメ、ユリカモメ、ウミネコらと一緒にいたが、ダイシャクシギは彼らとは距離を置いてエサを探していた。それにしても、あの湾曲した嘴でよくエサを探せるものだ。
しばらくするとカワウ、ダイサギ、コサギが大挙して押し寄せ、波打ち際に降りては飛び、一気に騒がしくなった。どうやら小魚の群れを追ってきたようだ。
干潟の杭の上には、ミサゴが止まっていた。タヒバリが浜辺でエサを探していた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
近くの淡水で、タカブシギ、カワセミを見つけることができた。
その他、ジョウビタキ、ホオジロなど。


ぶらぶら自然散歩!!
2

2016/11/13

ツグミ、シメもやって来た(市原市)  野鳥

甲府から市原に戻り、近所で観察。
公園では、ツグミ、シメを観ることができた。今冬初認。カワラヒワがコスモスの種をついばみ、刈られたあとのソバ畑では、ミヤマガラスが群れていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
鉄塔に、ハヤブサがとまっていた。胸の張りがある。エサを食べた後であろうか?
クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2016/11/5

旅のついでのBW(島根)  野鳥

3日は、米子空港到着後、米子水鳥公園による。遠く白山を望み、カモ類が数多く休息していた。マガン、ヒシクイ、コハクチョウははるか遠く、スコープでかろうじて確認できるのみ。4日出雲大社に向かう、宍道湖は、スズガモの大群。車を走らせても走らせてもスズガモは絶えなかった。シジミが豊富にあるからか。広大な宍道湖を埋め尽くさんばかりである。出雲大社で休憩していたとき、ジョウビタキ♂が近くによってきた。♂が去った直後今度は♀がやってきた。彼らも縁結びをお願いしに来たのであろうか?神々が上陸するという稲佐の浜では、クロサギを発見。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
出雲大社参拝後、帰路の途中、宍道湖西岸の宍道湖グリーンパークに寄ることにした。道を間違え水田地帯の農道を走っていったところ大型の野鳥5羽を発見。なんとナベツルであった。ファミリーであろうか?仲良く水田の中で採餌していた。警戒心は低く、比較的近くで車の中から観察できた。頭の赤が印象的であった。ラッキーであった。近くにタゲリもいた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
その後、菱伊川近くでマガンの大群に遭遇。500はいたであろうか?中にヒシクイも混じっていた。グリーンパークでは、セイタカシギ、アオアシシギ、ミサゴ、ハイタカ、ノスリに遭遇。帰路は宍道湖の対岸を走ったが、そこでもスズガモや各種カモの群れを連続的に観察することができた。5日は、空港へ向かう途中、安来にヨリ、コハクチョウの群れを観察。幼鳥の嘴がピンクが印象的であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
40種以上の野鳥を観察できた。
島根の冬の野鳥は魅力的であった。

ぶらぶら自然散歩!!
1

2016/11/4

山陰の旅(島根)  旅行・トレッキング・高山植物

妻と観光で島根県へ。出雲大社と松江城が目的。もちろん、旅の途中の鳥見も。
3日足立美術館、4日出雲大社、5日松江城、小泉八雲記念館、八重垣神社など
落ち着いた街並みとおいしい食べ物を堪能した。野鳥については、別途掲載。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ