2017/1/2

水辺の鳥(横須賀市西部)  野鳥

1日、2日の午前と三浦半島横須賀西部地区で過ごす。1日は穏やかな快晴、2日朝は雲が多かったが、その後晴れ過ごしやすい休日であった。
港の中で、ハジロカイツブリやカンムリカイツブリを間近で観察。生け簀には、アオサギ、ダイサギ、コサギやカモメ類に混じってクロサギを見ることができた。防波堤の外の岩場では、キョウジョシギが数羽で休んでいた。また、ウミアイサのメスが岩に上がって羽繕いをしていた。2日早朝にはウミアイサ♂を観察できた。岸辺では、イソヒヨドリ、内陸の水辺では、ゴイサギが小さなコロニーを形成していた。港があるせいかとにかく、トビが多い。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
内陸の水辺で観察中、タイワンリスに遭遇した。特定外来種であるが、とうとうここまで南下してきたかという印象だ。生態系への影響が懸念される。
クリックすると元のサイズで表示します




ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ