2017/6/18

里山のトンボ(市原市内)  トンボ

市原の里山で、今週末であったトンボ達。絶滅危惧のモートンイトトンボも見つけた。オスの眼後紋のハートマークが印象的で、交尾している姿も歪んではいるがハート形。Wハートの縁起のいいトンボだ。その他、ハラビロトンボ、モノサシトンボ、オナガサナエ、オオシオカラなど。もうすぐオニヤンマも見れる季節になる。湿った崖にはイワタバコが咲いていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/6/18

里山の夏のタカ(市原市内)  野鳥

市原の里山を久しぶりに歩いた。タカやトンボとの出会いがあった。午後から雨が降り、束の間であったが地元の自然を楽しんだ。タカは、サシバ、遠くの上空をハチクマ、近所でツミを観察した。サシバは、親子で鳴きかわしていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
サシバ       ハチクマ      ツミ
夏鳥のオオルリ、キビタキ、サンコウチョウも鳴いていた。

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/6/11

深い森に包まれて(栃木県日光市)  野鳥

日光野鳥研究会の1泊2日の観察会に参加。1日目は、夕方集合し、夜の野鳥の声の観察。風が強く、条件が悪く、アカハラ、コルリ、ジュウイチなどの声にとどまり、目的であったコノハズク、フクロウの声を聴くことはできなかった。キャビンに宿泊し、翌日は、観察会前に森の中の池を観察。オシドリ、イカルチドリ、キセキレイ、トビなど観察。上空をクマタカ、アマツバメが通過していった。観察会では、渓流沿いの森を歩く。エゾハルゼミの合唱に野鳥の声がかき消され、野鳥観察とはいかなかったが、多くのウスバシロチョウが舞い、渓流ではダビドサナエが見られた。奥深く豊かな自然を満喫した。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2017/6/4

世代交代(市原市ほか)  野鳥

野鳥の繁殖期、あちこちで幼鳥を観る機会が多い。
エナガ、シジュウカラ、スズメ、コロニーでは、カワウ。水田では、キジの親子。家の近所ではツバメも第1回の繁殖を終えたのか、電線に2,3羽とまっていた。世代が受け継がれていくのを間近に感じる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ