2017/9/22

出張先で渡り鳥観察(大阪城公園)  野鳥

大阪に出張し、早朝から業務開始まで大阪城公園を歩いた。ここは、有名な渡り鳥観察スポット。春と秋の渡りの時期は鳥とそれを観察する人でにぎわう。誰かが必ず観察しており、「何か出てますか?」と質問すると皆親切に教えてくれる。短時間で効率的に観察するには声掛けが必要である。この日も、コサメビタキ、サメビタキ、キビタキ、オオルリ等夏鳥を観察することができた。コルリやサンコウチョウ、ヨタカがでたということで、移動した方がいらしたが、業務にいくため断念した。それでも、青い鳥、黄色の鳥を観察できて満足であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します  



ぶらぶら自然散歩!!
1

2017/9/18

海辺の野鳥(市原市・木更津市)  野鳥

台風一過の青空の元、水辺の鳥を探しに出かけた。満潮と強風で海が荒れていたためか、水鳥も防波堤に避難していた。キアシシギ、チュウシャクシギ、オオメダイチドリなど。上空をミサゴが舞ったが、荒れたのせいか、獲物が探しにくそうに見えた。イソシギが港のコンクリートの水溜りで気持ちよさそうに、水浴していた。水路では、シバナが見られた。
港の近くの水田わきの電柱には、チョウゲンボウがとまっていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2

2017/9/10

キリアイ(木更津市小櫃川河口干潟)  野鳥

快晴の下、日本野鳥の会千葉県盤州干潟(小櫃川河口干潟)秋の渡り観察会に幹事として参加。合計19名の参加。開始直後、近くの田んぼの稲刈りに34羽のサギが集結しているところに出会う。耕運機の後方で、昆虫やミミズを狙っていた。チュウサギが圧倒的で、コサギ、ダイサギも確認できた。面白い光景であった。
干潟では、潮が引いており水際ははるか沖合い。それでも、望遠鏡で、アオアシシギ、ダイゼン、オバシギなど合計14種類のシギチドリを確認できた。その中で、2羽のキリアイを比較的近くで観察することができた。その他、野鳥は、ミサゴ、モズなど、この時期にしては多い38種。カニでは、アカテガニ、アシハラガニ、ベンケイガニ、チゴガニ、またすごい数のコメツキガニの集団を観察することができた。珍しい光景とのこと。更に、珍しいニホンスナムグリも観察できた。
干潟は多様な生物が生息しており、いつき来ても楽しい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2

2017/9/3

養老川沿いの野鳥他(市原市)  野鳥

養老川の河口から中下流沿いを観察。河口付近では潮が引いた浅瀬にはウミネコやカワウしか見れなかったが、岸壁に1羽だけオバシギの幼鳥と思われる個体が1羽。あまり警戒心がなかった。中下流では、流木にダイサギ、チュウサギが休息しており、近くにはカワウ、カルガモが採餌していた。流域の田んぼは、稲刈りの真っ最中。稲刈りが終わった田んぼにケリ3羽が休んでいた。久々の出会いである。近くの公園では、カワセミが魚をゲットする様子を観察できた。トンボもいくつか観察できた。身近なところでいろいろ楽しめる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ