2019/12/21

ガン(宮城県蕪栗沼)  野鳥

出張の翌日休日を利用して宮城県蕪栗沼にでかけた。シジュウカラガン、ハクガンが見やすいという情報を元に仙台からレンタカーを走らせた。
マガンの群れがあちらこちらの乾いた田んぼに降りている。いくつかの群れを観察するうち白い鳥1羽が混じっているのを見つけた。ハクガンである。遠くからの撮影、車で静かによっても警戒心が強く飛んでしまったが、しばらくして別の場所で見つけることができた。近くにはシジュウカラガンやヒシクイの群れも。そして優雅な白鳥も。猛禽もオジロワシ(撮影できず)、ハヤブサ、ノスリ、トビを見つけることができた。風が強く体感的に非常に寒かったが、つかの間の鳥見を満喫でき、帰りは文字通り「はやぶさ」で帰京した。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 



ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/12/1

干潟の賑わい(木更津市)  野鳥

日本野鳥の会千葉県、小櫃川河口干潟探鳥会。幹事含め16名参加。前浜では、ミサゴ、トビ、オオタカ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、チュウヒ等のタカが舞い。干潟では多くのハマシギ、ミユビシギが忙しそうに採餌していた。沖合には、カワウの大群が列を作って飛翔し、スズガモはじめ、ウミアイサ、ヒドリガモ等のカモやカモメが浮かんでいた。久しぶりの賑わい。ここでははじめてのアビも。合計60種類。久しぶりの鳥果。豊かな干潟に感謝。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ