2020/2/24

九十九里の野鳥  野鳥

前々日に春一番が吹き荒れていたとは思えない穏やかな休日に、のんびりと外房九十九里の海辺に出かけた。漁協や海岸を回って野鳥を観察した。
冬にやってくる海ガモの仲間で比較的容易に見れるのはクロガモ。オスの黄色の嘴とメスの地味さが好きだ。今日も、漁港に入っていて、幼鳥を含め間近で観察できた。あるペアではオスの尾羽が立っていたが、ディスプレーであろうか?その他、ホオジロガモやヒドリガモ、スズガモなど。カイツブリは定番のカンムリカイツブリ以外にもアカエリカイツブリ、ミミカイツブリを観察できた。ダイゼン2羽がアオサだろうか、食べていた。時折出没したイソヒヨドリは可愛いかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/2/15

山倉ダム探鳥会(市原市)  野鳥

日本野鳥の会千葉県、山倉ダム探鳥会に幹事として参加。幹事含め合計21名。天候が心配されたがうっすらと曇り。湖畔から出発し、文化の森往復。湖畔では、カモやカイツブリの仲間、カワウを観察。枝を加えたカワウが頻繁に飛行していた。巣作りだ。文化の森の湿地帯では、ウソを期待したが、か細い声が一時しただけ。それでも、ベニマシコの小群を観察できた。上空では、ミサゴやオオタカ成鳥が舞った。途中の森ではキクイタダキを観察し、最後にダムに戻って観察していたところ、思いもかけぬアカゲラのメスが現れて、参加者を喜ばせてくれた。49種と種類は見られたが、数は少ない印象。
解散後、ヒレンジャクを探し20羽程度の群れに遭遇した。残念ながら「黄色」は混じっていなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/2/9

今年も会えたヒレンジャク(市原市内)  野鳥

市内のヤドリキをいくつか回って、ようやくヒレンジャク10羽ほどの群れに出会うことができた。相変わらずユーモラスな顔をしていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/2/2

コクガン(千葉県内)  野鳥

小櫃川探鳥会の後、別な場所でコクガンを観察。4羽確認できた。親子であろうか?
アマモを食べたりとのんびり過ごしていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/2/2

富士に映えるシギチボール(木更津市)  野鳥

日本野鳥の会千葉県盤州干潟探鳥会。冬とは思えない穏やかで暖かい快晴、遠く雪の富士山、南アルプスが見える。横浜、東京もくっきり。前浜上空をチュウヒ、ノスリ、ミサゴが舞い、葦原ではオオジュリンらが飛んだ。
満潮から徐々に潮が引き始めると、数百羽のハマシギ、ミュビシギ、シロチドリの混群がやってきた。降りては飛びを繰り返し、富士山の前を横切り様は感動ものであった。その中にカンムリカイツブリ。干潟を歩いて移動していた、珍しい光景であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ