2020/2/24

九十九里の野鳥  野鳥

前々日に春一番が吹き荒れていたとは思えない穏やかな休日に、のんびりと外房九十九里の海辺に出かけた。漁協や海岸を回って野鳥を観察した。
冬にやってくる海ガモの仲間で比較的容易に見れるのはクロガモ。オスの黄色の嘴とメスの地味さが好きだ。今日も、漁港に入っていて、幼鳥を含め間近で観察できた。あるペアではオスの尾羽が立っていたが、ディスプレーであろうか?その他、ホオジロガモやヒドリガモ、スズガモなど。カイツブリは定番のカンムリカイツブリ以外にもアカエリカイツブリ、ミミカイツブリを観察できた。ダイゼン2羽がアオサだろうか、食べていた。時折出没したイソヒヨドリは可愛いかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ