2020/5/5

渡る野鳥(市原市内)  野鳥

COVID-19の影響で、GWも自粛。全く接触がないように近所の水田と谷津田に野鳥を探しに出かけた。
近所の水田は、すっかり田植えが終わり、例年観察できるチュウシャクシギやキアシシギを観察することができた。この時期のキアシシギの足は、その名の通り鮮やかな黄色になる。チュウシャクシギの朗らかな「ピピピピ・・」の声が、響き渡った。しばらく休んだ後、北に向かって移動していく。チュウシャクシギ10羽、キアシシギ12羽を確認。
キジもあちこちでオスが鳴いていた。キジの声はのどかさを感じさせてくれる クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その後いくつか谷津田を回って、サシバを探した。千葉では今年初認である。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その他、谷津田の奥では、センダイムシクイ、キビタキ、オオルリそしてなんとクロツグミの囀りを聞くことができた。クロツグミは多分、私にとって千葉県では初めてだと思う。

ぶらぶら自然散歩!!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ