2013/8/6

旅のついでの自然観察:チョウ編(北海道道東)  チョウ

数多くのチョウが飛んでいたが、活発に行動しているためか、なかなか止まってくれず撮影がうまくできなかったが、それでも幾つかの北国に特徴的なチョウを撮影できた。様々なところで目にしたのが、コヒオドシとミヤマカラスアゲハ。この時期ヨツバヒヨドリが咲き、それにやってくるコヒオドシを頻繁に観察できた。ミヤマカラスアゲハはあちこちで飛んでおり。偶然、吸水にやってきたミヤマカラスアゲハを至近距離で撮影できた。金属光沢が美しい。金属光沢といえば、ミドリシジミ。釧路湿原では、ヤナギの木にミドリシジミが群れで集まっていた。数が多いのにびっくり。その他、コムラサキ、ウスイロオナガシジミ、フタスジチョウなどを観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(コヒオドシ)    (コヒオドシ:遠景は摩周湖) (ミヤマカラスアゲハ) (ミヤマカラスアゲハ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (ミドリシジミ)      (コムラサキ)    (ウスイロオナガシジミ)   (フタスジチョウ)   



ぶらぶら自然散歩!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ