2014/2/22

ハマシギ・ミユビシギのボール競演(千葉県船橋市)  野鳥

日光野鳥研Y氏と三番瀬に出かけた。満潮でわずかに干潟が覗いている状態だった。ミヤコドリが波打ち際にいない。しかしながら、シギチの群れが波打ち際を忙しそうに歩いている。その数数千。ハマシギの群れにミユビシギの群れが混じり、更にシロチドリの小群もいる。時折、飛び立ち見事なハマシギボールやミユビシギボールを見せてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(干潟に集うシギチ)  (ハマシギ)        (ハマシギ)     (ハマシギとスカイツリー)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ハマシギとミユビシギ)(トウネンとミユビシギ)(シロチドリ)     (ウミアイサ♀)
ミヤコドリは防波堤にいたその数200を超えるぐらい。固まって、潮が引くのを待っているようだ。ハマシギやシロチドリの群れも休んでいる。干潟沖合の無数に並んだ杭の上にもハマシギやダイゼンが休んでおり、まるで整列しているようであった。その後、潮が引いてきて、ミヤコドリは2度ほど群れで飛び立ったがその都度防波堤に戻ってきてしまい、なかなか干潟には降りてこなかった。その間、ハマシギやミユビシギが何度も美しいボールを見せてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
                (ミヤコドリ)      (ミヤコドリ)         (休息)
オナガガモ、ヒドリガモ、スズガモの中に、ウミアイサ、ホオジロガモが混じっていた。ハジロカイツイツブリなど。

ぶらぶら自然散歩!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ