2014/7/12

ハッチョウトンボ(福島県南会津)  トンボ

南会津方面に、トンボ観察に出かけた。本来なら登山の予定であったが、台風通過があり登山を断念して観察に出かけた。池と湿原の2箇所を回った。
周囲は白樺林。キビタキやウグイスが盛んに囀っていた。アキアカネの大群が避暑に来ていた。池では、ホソミオツネントンボの夏型を観察できた。全体がコバルトブルーで美しい。コサナエが池の周囲に停まっていた。アサギマダラは、イケマに産卵。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ホソミオツネントンボ)   (コサナエ) (イケマに産卵:アサギマダラ)(アキアカネ群れ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(エゾイトトンボ:オス)(オゼイトトンボ:メス)  (ヨツボシトンボ)     (トキソウ)
目的のハッチョウトンボは、湿原の中のわずかな水辺に集まっていた。いろいろな場所でハッチョウトンボを見てきたが、密度の濃さでは1,番である。親指の頭ほどの大きさで、見つけるのが厄介だが、一回見つけると慣れて容易に見つけることができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(ハッチョウトンボ:環境)  (オス)         (オスアップ)        (メス)
白いヒツジグサ、淡い紫のトキソウ、白い可憐なモウセンゴケの花、カキランなどの植物も綺麗であった。







ぶらぶら自然散歩!!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ