2014/7/21

減少している生き物との出会い(市原市内)  トンボ

市内に自然観察にでかけたが、絶滅の危機にひんしているトンボ等に出会うことができた。水辺では、絶滅の危機にあるキイトトンボ、オオモノサシトンボ、モートンイトトンボ、ハラビロトンボに出会うことができた。オオモノサシトンボは局地的で、全国的にも生息場所が限られるようだ。その他、ウチワヤンマなど。チョウは、スミナガシに会えたが、何かの糞に止まっており、美しい姿とはアンバランスな光景であった。オオルリは、さえずっていなかったが「カッカッ」という声で見つけることができた。やはり美しい。ヤマユリは最近盗掘で減少が著しい。強烈な匂いであるが里山に咲く美しい花を残したいものである。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
  (キイトトンボ)    (ハラビロトンボ)   (オオモノサシトンボ) (モノサシトンボ)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(モートンイトトンボ:オス)(モートンイトトンボ:メス)(ウチワヤンマ)(シオカラトンボの食事)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(スミナガシ)     (ゴマダラチョウ)     (オオルリ)       (ヤマユリ)

ぶらぶら自然散歩!!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ