2014/12/23

北の野鳥(北海道根室市)  野鳥

飛び石連休を利用し、日光野鳥研仲間のM夫妻と根室にでかけた。目当ては、カモや海鳥など北国でしか見れない野鳥との出会い。数日前に爆弾低気圧による高潮被害があったばかりであったが、幸運にも天候は穏やかで観察には支障ない天気であった。1日目は釧路から根室へ移動。2日目は野付半島方面、3日目は、ガイドさんをお願いしての漁港巡りを主体とした根室半島での探鳥、4日目は、根室市内から釧路への移動。当初、落石ネーチャークルーズに乗り込む予定であったが、海がしけていたため欠航となり、またの楽しみとなった。この時期、日の出が6時45分、日の入りが15時45分と日照時間がわずか9時間であり、観察時間が限られるが、合計62種類もの野鳥を観察できた。中でも、この地方でしか見れない海ガモの仲間や海鳥、小鳥を観察できた。海ガモでは、コオリガモ、ビロードキンクロ、シノリガモ、ホオジロガモ等、ほとんど漁港で間近に観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
海鳥はシロエリオオハム、オオハム、ケイマフリ、ウミガラス等、海岸からスコープで観察できた。小鳥はユキホオジロ、ハギマシコであった。ユキホオジロは飛翔しているところを観察できたが撮影はできなかった。ハギマシコはガイドさんに教えていただいた場所で観察することができた。市民の森のハイドでは、ハシブトガラなどに出会えた。勇壮に舞う、オジロワシ、オオワシ、優雅なオオハクチョウやタンチョウも堪能することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
根室は、季節ごとに様々な野鳥に出会える。またお邪魔したい。

ぶらぶら自然散歩!!
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ