2018/7/21

水辺の観察会(市原市内)  水生生物

市原市環境部主催の「水辺の観察会」に講師として参加。トンボ池の仲間もサポート。猛暑の中30名弱の参加で開催。場所は、養老川上流のクオードの森周辺。子供たちは水に入りおおはしゃぎ。水生生物をつぎつぎゲット。2か所で観察したが。岩のある場所ではギバチが、草のある小川ではミズカマキリを観察することができた。
魚類:フナ、ウグイ、オイカワ、ギバチ、ヨシノボリ、ホトケドジョウ、シマドジョウ、ドジョウ
水生昆虫:ミズカマキリ、コオイムシ、ヤゴ(コヤマトンボ、コオニヤンマ、オニヤンマ、サナエトンボ他)、ヘビトンボ幼虫、チラカゲロウ幼虫、小型ゲンゴロウの仲間 他
甲殻類:サワガニ、ヌカエビ、スジエビ
外来種の観察はなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ