2020/3/21

宮古島固有の野鳥など  野鳥

宮古島固有の野鳥との出会いも。なんといっても何処にでもおり、密度が高いのがイソヒヨドリ。シロハラクイナは警戒心が強く、すぐに茂みに隠れてしまう。黒っぽいヒヨドリは本州同様賑やかだった。ムラサキサギは畑で餌を探していた。その他、声だけだったがリュウキュウアオバズク、リュウキュウコノハズク、ズアカアオバトなど。渡り鳥含め40種確認。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
番外は、クビワオオコウモリ。木にぶら下がりながら餌を探していた。そして、インドクジャク。野生化して数が増えて農作物被害があるという。畑に少数の群れでいたが、警戒してすぐに藪に入っていった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/3/21

宮古島の渡り鳥  野鳥

3月18日から21日まで宮古島に出かけた。この時期の宮古島は4年連続。毎回、様々な出会いがあるが今回も思わぬ渡り鳥との出会いがあった。最大のサプライズはクロウタドリ。芝生の上で、シロハラの近くで一緒に採餌していた。私も日本で初めて観察。レアな渡り鳥だ。定番のサシバは、様々な場所の電柱で見られた。ハヤブサは3年連続同じ場所で、チョウゲンボウは宮古島で初めて観察した。シギチドリでは、アカアシシギ、アオアシシギ、ムナグロ、メダイチドリ、シロチドリなど。コウノトリは宮古島滞在700日を超えるようだ。2014年生まれの足輪番号0067。宮古島では住民票が発行されたと聞く。渡りの鳥にとって宮古島は重要な中継地のようだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

その他、ツグミ、ツバメ、セッカ、リュウキュウツバメ、ダイサギ、アオサギ、クロサギ。今回は残念ながらヤツガシラ、ギンムクドリを見つけることはできなかった。



ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/3/15

コロニー(市原市)  野鳥

満開のオオカンザクラに蜜を求めてメジロが賑わったいた。ヒヨドリがそれを時折追い払うのだが、ヒヨドリも蜜を舐めたいので、追っ払ってばかりはいられない。メジロも枝から枝い移動しながら蜜を舐めていた。
水辺では、カワウのコロニー総数450営巣数190。多くの巣で幼鳥が親に餌をねだっている姿を見ることができた。糞で木々が白くなっていた。カワウのコロニーの上部では、アオサギがコロニーを作り始めていた。その数80羽。春は賑やかさが似合う。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/2/24

九十九里の野鳥  野鳥

前々日に春一番が吹き荒れていたとは思えない穏やかな休日に、のんびりと外房九十九里の海辺に出かけた。漁協や海岸を回って野鳥を観察した。
冬にやってくる海ガモの仲間で比較的容易に見れるのはクロガモ。オスの黄色の嘴とメスの地味さが好きだ。今日も、漁港に入っていて、幼鳥を含め間近で観察できた。あるペアではオスの尾羽が立っていたが、ディスプレーであろうか?その他、ホオジロガモやヒドリガモ、スズガモなど。カイツブリは定番のカンムリカイツブリ以外にもアカエリカイツブリ、ミミカイツブリを観察できた。ダイゼン2羽がアオサだろうか、食べていた。時折出没したイソヒヨドリは可愛いかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/2/15

山倉ダム探鳥会(市原市)  野鳥

日本野鳥の会千葉県、山倉ダム探鳥会に幹事として参加。幹事含め合計21名。天候が心配されたがうっすらと曇り。湖畔から出発し、文化の森往復。湖畔では、カモやカイツブリの仲間、カワウを観察。枝を加えたカワウが頻繁に飛行していた。巣作りだ。文化の森の湿地帯では、ウソを期待したが、か細い声が一時しただけ。それでも、ベニマシコの小群を観察できた。上空では、ミサゴやオオタカ成鳥が舞った。途中の森ではキクイタダキを観察し、最後にダムに戻って観察していたところ、思いもかけぬアカゲラのメスが現れて、参加者を喜ばせてくれた。49種と種類は見られたが、数は少ない印象。
解散後、ヒレンジャクを探し20羽程度の群れに遭遇した。残念ながら「黄色」は混じっていなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/2/9

今年も会えたヒレンジャク(市原市内)  野鳥

市内のヤドリキをいくつか回って、ようやくヒレンジャク10羽ほどの群れに出会うことができた。相変わらずユーモラスな顔をしていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/2/2

コクガン(千葉県内)  野鳥

小櫃川探鳥会の後、別な場所でコクガンを観察。4羽確認できた。親子であろうか?
アマモを食べたりとのんびり過ごしていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/2/2

富士に映えるシギチボール(木更津市)  野鳥

日本野鳥の会千葉県盤州干潟探鳥会。冬とは思えない穏やかで暖かい快晴、遠く雪の富士山、南アルプスが見える。横浜、東京もくっきり。前浜上空をチュウヒ、ノスリ、ミサゴが舞い、葦原ではオオジュリンらが飛んだ。
満潮から徐々に潮が引き始めると、数百羽のハマシギ、ミュビシギ、シロチドリの混群がやってきた。降りては飛びを繰り返し、富士山の前を横切り様は感動ものであった。その中にカンムリカイツブリ。干潟を歩いて移動していた、珍しい光景であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2

2020/1/19

冬の小鳥(日光市)  野鳥

18日から19日にかけて、日光野鳥研究会の新年会。16名の参加。酒を飲みながら野鳥談議に花を咲かせた。19日午前の霧降高原での観察会とその後のだいや川公園での観察会で冬の小鳥に出会えた。アトリ、マヒワ、キクイタダキ、カシラダカ、ジョウビタキなど。それにしても雪がない。吐く息も白くない。日光にも関わらず。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/1/13

都心でBW(文京区六義園)  野鳥

元職場の後輩と六義園でバードウオッチング。松田道生さんにご案内いただいた。元大名屋敷に残る自然とそこに集う野鳥を堪能した。キンクロハジロなど5種のカモ。シロハラ、ツグミなど23種類を観察。天気が良く気持ちが良い観察会であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/1/4

キクイタダキ、タゲリ他(印旛沼周辺)  野鳥

正月休みに印旛沼周辺に野鳥観察にでかけた。目的はタゲリの観察。周辺はほとんどが乾田。湿った田んぼを中心に探し回りようやく中心に7羽の群れを発見。警戒心が強く近寄れなかったが、日に当たる羽は緑光沢で美しかった。ハイイロチュウヒのメスやノスリも観察できた。坂田池周辺の林では、キクイタダキやジョウビタキ、シロハラなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2

2020/1/1

海辺の鳥  野鳥

穏やかな新年に南房総から三浦半島に移動の際出会った水辺の野鳥。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2019/12/21

ガン(宮城県蕪栗沼)  野鳥

出張の翌日休日を利用して宮城県蕪栗沼にでかけた。シジュウカラガン、ハクガンが見やすいという情報を元に仙台からレンタカーを走らせた。
マガンの群れがあちらこちらの乾いた田んぼに降りている。いくつかの群れを観察するうち白い鳥1羽が混じっているのを見つけた。ハクガンである。遠くからの撮影、車で静かによっても警戒心が強く飛んでしまったが、しばらくして別の場所で見つけることができた。近くにはシジュウカラガンやヒシクイの群れも。そして優雅な白鳥も。猛禽もオジロワシ(撮影できず)、ハヤブサ、ノスリ、トビを見つけることができた。風が強く体感的に非常に寒かったが、つかの間の鳥見を満喫でき、帰りは文字通り「はやぶさ」で帰京した。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 



ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/12/1

干潟の賑わい(木更津市)  野鳥

日本野鳥の会千葉県、小櫃川河口干潟探鳥会。幹事含め16名参加。前浜では、ミサゴ、トビ、オオタカ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、チュウヒ等のタカが舞い。干潟では多くのハマシギ、ミユビシギが忙しそうに採餌していた。沖合には、カワウの大群が列を作って飛翔し、スズガモはじめ、ウミアイサ、ヒドリガモ等のカモやカモメが浮かんでいた。久しぶりの賑わい。ここでははじめてのアビも。合計60種類。久しぶりの鳥果。豊かな干潟に感謝。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/11/24

冬鳥増加中(市原市)  野鳥

雨の合間を縫って近所で鳥見。冬鳥が増えてきた。特に、ツグミが増えてきた印象。あちらこちらの田んぼで見られた。この時期にしては数が多く、地面に降りるのも早い気がする。そのそばでは、タヒバリやケリも。池に行くと、カモの群れ。だいぶ増えた。ハジロカイツブリも可愛い姿を見せてくれた。猛禽はオオタカにチョウゲンボウ。わずか1時間の鳥見でもエンジョイできた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ