2021/5/30

軽登山で出会った野鳥(山梨県)  野鳥

八ヶ岳山麓、小楢山で出会った野鳥。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
その他 オオルリ、コルリ、キビタキ、クロツグミ、サンショウクイ、アカゲラ、アオゲラ、カラ類、ウグイスなど。

ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/5/16

シギチの渡り(3)+干潟清掃(木更津市)  野鳥

小櫃川河口干潟(盤州干潟)の清掃活動(木更津市主催)に野鳥の会として参加。その前後に満潮時(朝)と干潮時(午後)の野鳥観察を行った。遠く海ほたるが見える牛込海岸には、満潮時315羽のキアシシギが海中にある柵にとまっていた。これだけ多くのキアシシギを同時に見ることはなかったのでびっくり。清掃作業後の干潮時には、チュウシャクシギ合計50羽が干潟に降りて休んでいた。あれだけ多くいたキアシシギは数羽のみ。どこにいったのだろうか。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
清掃活動は、後日の新聞で700名の参加,2.6トンのごみを回収できたという報道があった。東京湾最後の自然干潟、後世に残したいものだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2021/5/8

シギチの渡り(2)(横須賀市)  野鳥

親族のお見舞いで横須賀に出かけ、そのついでの観察。
岩場で、チュウシャクシギ、キョウジョシギを観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2021/5/5

シギチの渡り(1)(三番瀬)  野鳥

潮干狩り客の来ない早朝の干潮を狙ってでかけた。オオソリハシシギ、キョウジョシギ、ハマシギ、ミユビシギ、トウネン、ダイゼン、メダイチドリ、キアシシギのシギチとコアジサシ、ミヤコドリ、カワウの群れ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2021/5/2

スミレ探しのついでの探鳥(山梨他)  野鳥

5月1,2日のスミレ探しの軽登山のついでの野鳥観察。夏鳥のキビタキ、オオルリ、コサメビタキに出会うことができた。オオルリは完全な青になっていないので、若鳥のようだ。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2021/4/25

夏鳥がやって来た(栃木県日光市他)  野鳥

東大日光植物園で開催された日光野鳥研究会観察会に参加。コロナの影響で久しぶりに仲間に会い、互いに無事を確認した。日光でも花は例年になく早く、ヤマツツジが咲き始めていた。野鳥は夏鳥の、オオルリ、サンショウクイ、キビタキ、コサメビタキ、ほかの場所でコマドリを観察できたが、まだ数は少ないという感じ。これから増えると思われる。花と異なり野鳥は大体いつもと同じくらいの飛来と思われる。その他、ミソサザイ、カワガラス、ヒガラなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
3

2021/4/18

飛べないセイタカシギ(千葉県内)  野鳥

県内の湿地にセイタカシギが毎年繁殖にやってくる。今年も様子を見に行ったところ13羽のセイタカシギがいた。風上に向かって揃って立っているかと思うと、時折飛び交って互いをけん制している。繁殖の始まりのようだ。その中に1羽、右羽をダラッと下げた個体を見つけた。どうやら羽が折れているようだ。電線に引っかかるなどのトラブルがあったのか。心なしか表情も悲しげに見える。多分、飛べないだろう。飛べない野鳥の末路は、と思うと気が重くなる。同じ湿地に、アオアシシギ3羽が一緒にいた。風が強いせいかいつものせわしなさがなかった。渡り前のタシギも数羽見つけることができた。今日は気が重い観察になった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
4

2021/3/20

武田神社の野鳥(甲府市)  野鳥

早朝、武田神社の森を歩いた。桜は2分咲きといったところか。例年より早い。上空では、盛んに「グワーー」の声、アオサギだ。よく見ると、木々に営巣している。例年実施される巣の取り壊しにもめげず、繁殖しているようだ。神社周囲の土手を歩くと、モミジなどの新芽に。多くの野鳥が集まっていた。シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラのほかアトリなども。神社裏の発掘調査地域では、北に向かう途中であろうかツグミの群れ、顔が黒い夏羽になったカシラダカに出会った。そして甲高く「フィー、フィー」の声。アオゲラも観察できた。池からは、カワサミの鳴きかわしも聞こえた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




ぶらぶら自然散歩!!
2

2021/3/7

我が家の庭に集う野鳥(市原市内)  野鳥

庭に巣箱をかけているが、ヤマガラが興味を持ち出し、時折巣箱を覗いている。中にも入るが巣材を加えてはいない。孔をしきりにつついており。入口が狭いのか、微調整しているのか?孔径27oで製作したので問題ないとは思うが、中の広さや配置も含め気に入ってくれるかどうか?
庭には、シジュウカラ、カワラヒワ、メジロも頻繁にやって来る。散り際の梅に止まったり、芝生に降りたりしている。♂のジョウビタキもやって来たがヤマガラに追い出されたとのこと(妻観察)。ツグミも来たとのこと(同)。この季節庭を眺めても飽きることはない。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

 



ぶらぶら自然散歩!!
3

2021/2/21

今年もヒレンジャク(市原市内)  野鳥

今年も房総丘陵にヒレンジャクが来訪しているという情報を入手し、トンボ池の帰りに自分のフィールドに出かけてみた。ヤドリギのある木をいくつか回り、数羽の群れを発見することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
それにしても花粉がひどい。早々に退散した。




ぶらぶら自然散歩!!
4

2021/2/7

海辺の野鳥(木更津市他)  野鳥

新型コロナの影響で探鳥会が中止になった盤州干潟に出かけた。前浜ではオオジュリンが飛び交ったいた。干潟は若潮の満潮であり、葦原近くまで潮が満ちていたが、間近にハマシギ、シロチドリを観察することができた。ズグロカモメ2羽も現れ、カニを取っていた。遠浅の干潟には、ダイサギの小群も現れた。残念ながら富士山をはっきりとは観察できなかった。別な場所で、ダイゼン、アメリカヒドリを観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2021/1/31

我が家の庭にヤマガラ(市原市内)  野鳥

緊急事態宣言下、遠出もできず、自宅で野鳥を楽しむのも一興。拙宅の庭の梅の木に、ペットボトルを使ったエサ台を置き、ヒマワリの種を入れ、野鳥を観察する。
以前から行っているが、いつもはシジュウカラだが今年初めて2羽のヤマガラがやってきた。シジュウカラも2羽でやってきたが、ヤマガラがエサ台をほぼ占拠し、シジュウカラを寄せ付けない。ヤマガラは頻繁にエサ台から種を運び、ドウダンツツジの木で両足を上手く使って食べるだけでなく、貯食する行動も見られた。だから種の減り方は尋常ではない。500㎖のペットボトル1/3の種が20分もするとなくなってしまった。シジュウカラはエサ台から零れ落ちた種及びヤマガラが貯食したと思われる種をせっせと探しては食べていた。ヤマガラ強し!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
3

2021/1/24

小雨の中のオオタカ・ハヤブサ  野鳥

小雨であったが短時間近所を探索。
荒れ地に、何やら野鳥を発見。なんとオオタカ成鳥だった。地っとしている。何かを狙っているのか。鉄塔にはハヤブサ、電柱にはチョウゲンボウ。短時間でワシタカを見つけることができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
2

2021/1/17

カモを取り逃がしたオオタカ(市原市内)  野鳥

山倉ダムでカモを観察していた際、突然オオタカ亜成鳥がカモを襲撃。3度挑戦したが、失敗に終わった。オオタカ襲来時カモは一斉に潜り、避けていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
6

2021/1/9

ヒレンジャクの中に「キ」(長野県内)  野鳥

オオマシコ観察の帰路、諏訪湖に寄った。湖岸はところどころ結氷しており、底冷えのする寒さ。カメラを上方に向けている一団を発見。ヤドリギに群れるヒレンジャクだった。その数30。忙しく実を食べて、枝で糞をしながらのんびりを繰り返していた。中に2羽尾羽の先が黄色のキレンジャクがいた。ユーモラスな顔立ち、姿と仕草を堪能させてもらった。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ