2020/6/27

トンボ池のトンボ(市原市)  トンボ

市原トンボ池の会6月定例会。久々の定例会参加。観察路の草刈り、イノシシにより壊された木道修理などの作業を8名の会員で実施。高温多湿の中泥だらけの作業であった。
トンボは、モノサシトンボ、オオシオカラトンボ、マユタテアカネ、ハラビロトンボ、
ハグロトンボ、など
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

植物は、クサレダマ、葉緑素のないツチアケビなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/6/7

清流のトンボ(大多喜町他)  トンボ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
清流のトンボの中で一番好きなアオサナエ。それを探しに大多喜町に出かけた。緊急事態宣言が解除された影響だろうか、川辺に集まる家族連れが多い。待ちに待ってのアウトドアといったところだろうか?カジカガエルやウグイの群れを観察しながら川岸を歩くがアオサナエはなかなか見つけられなかったが、川面を高速に移動するコヤマトンボをのんびり眺めていた時、目の前の石にやってきた。緑色が美しい。すぐに飛び立ってしまい、残念ながらその後観察はできなかった。それでもホンサナエも確認できた。その後里山の湿地に移動。そこでは多くのモートンイトトンボ、キイトトンボを観察することができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2020/5/17

里山のトンボ(市原市内)  トンボ

好天の日曜日、人との接触がないように里山でトンボを探した。ヤンマでは、池でクロスジギンヤンマ、湿地でサラサヤンマを見つけたが素早すぎて写真撮影はできなかった。川辺ではヤマサナエ、ニホンカワトンボ、池では、オオイトトンボの羽化やクロイトトンボ、湿地ではモートンイトトンボ、ハラビロトンボ、シオヤトンボ。シオカラトンボも増えてきているようだ。多くの種類のトンボを見つけることができたが、季節が少し早いように感ずる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2020/3/21

宮古島のチョウとトンボ  トンボ

宮古島はすでに初夏。チョウやトンボも飛び交っていた。
ムスジイトトンボの交尾や南西諸島固有のハラボソトンボ、ヒメトンボを観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
チョウは、オオゴマダラ、スジグロカバマダラ、ベニモンアゲハ、シロオビアゲハ、リュウキュウアサギマダラ、など。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/11/9

晩秋のトンボ(新潟)  トンボ

新潟県の冬直前のトンボ。水辺では、キトンボ、オオアオイトトンボ、アキアカネを観察。マムシが、道路に寝そべり暖をとっていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2019/11/4

晩秋のトンボ(市原)  トンボ

公園を歩いた。小春日和、赤トンボが舞った。
顔まで真っ赤なナツアカネ、胸と腹部分の赤いアキアカネ。台風の影響か、数は少なかったが、青空をバックにトンボが映えた。
散歩道の脇には、センブリが咲いていた。可憐であった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2019/8/17

夏のトンボ(市原市内)  トンボ

地元に戻って猛暑の中、近所の里山を観察。
キイトトンボ、越夏のアキアカネ、ヤブヤンマ産卵など。アカボシゴマダラが増えているように感じる。今年は、タマムシに出会う機会が多い。気のせいか。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します





ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/8/13

高原のチョウ・トンボ(長野)  トンボ

高原のトンボとチョウ。ベニヒカゲニ出会うことができた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
    コサナエ         カオジロトンボ♂       カオジロトンボ♀     オオルリボシヤンマ
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 
   コノシメトンボ       ウラギンヒョウモン      アサギマダラ       ベニヒカゲ
クリックすると元のサイズで表示します
   ヒメキマダラヒカゲ

ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/8/5

日光のチョウ・トンボ  トンボ

日光で出会ったトンボとチョウ。霧降高原でミヤマサナエに出会うことができた。ヨツバヒヨドリ集まるアサギマダラも観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
2

2019/6/22

擬態の蛾とトンボ(市原市内)  トンボ

市原トンボ池の会定例会に参加。通路整備や池の外来藻の駆除を行った。曇り空であったが、トンボもいくつか観察できたが、木の葉そっくりに擬態する蛾のアケビコノハの成虫を観察できた。止まっている姿は木の葉にしか見えないがよく見ると触角や目がわかる。少し触れて飛ばすと後翅がオレンジ色の目玉模様でまさに蛾であった。身を守るすべなのだろうが不思議な生き物がいるもんだ。図鑑で見ると幼虫はもっとすごいことになってる。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
トンボは、モノサシトンボの羽化直後と成虫、オオアオイトトンボ、マユタテアカネなど
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
1

2019/5/15

奄美大島のトンボ  トンボ

奄美大島のトンボ。時期的にやや早かったのか、ハネナガチョウトンボやアマミルリモントンボは観察できなかった。それでも、本州では見れないトンボを観察することができた。今度は少し時期をずらして行ってみたい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
本州でも見られるトンボでは、オオシオカラトンボ、アオモンイトトンボ、
(タイワン)
ショウジョウトンボ、(タイワン)シオカラトンボ、ギンヤンマ、クロスジギンヤンマ(南限)が見られた。

ぶらぶら自然散歩!!
2

2018/8/15

トンボの眼鏡は水色眼鏡(市原市内)  トンボ

ヤンマ探しに市原市南部の丘陵地帯に出かけた。
オニヤンマが飛ぶ農道を奥まで行き、小さな池で待つこと30分。ヤブヤンマのオスがパトロールにやって来た。何周かしたのち,木に止まった。複眼の濃い青が美しい。5分ほど休んで飛び立ってしまった。そのほか、タカネトンボ、キイトトンボ、モノサシトンボなど。
オニヤンマは数が少ないといった印象。避暑には行かず、市原で越夏したと思われるアキアカネも観察できた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2018/7/8

絶滅の危機に瀕しているトンボ達(千葉県内)  トンボ

千葉県内の池にトンボ観察に出かけた。目的はオオセスジイトトンボ。全国でも局地的にしか生息せず、絶滅の危機に瀕している。現地に到着すると外来藻や浮き草、そして廃棄されたペットボトルで池が覆われていた。嫌な予感がした。ハスとヒシが生える場所を探したが見つからない。岸辺の草むらの入れるところまではいり水面を確認するが見つからない。かつては、容易に見つけられたトンボであるが見つからない。結局3時間探したが見つけられなかった。絶滅してしまったのか。オオモノサシトンボ、ベニイトトンボの他の絶滅危惧種は何とか見つけられた。池の環境が悪すぎるのか?もう本当に観察できないのか?今後も仲間と連携しながらチェックしていくことにしたい。その他、チョウトンボ、アオヤンマ、コフキトンボなど。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します




ぶらぶら自然散歩!!
1

2018/6/30

日本最小のトンボ(栃木県内)  トンボ

日本最小のトンボを栃木県内の湿地で見つけた。ハッチョウトンボ。真っ赤な個体にサングラスをしたような顔が印象的。ほかにコサナエ、オツネントンボなど観察。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2018/6/17

湿地のトンボ(市原市内)  トンボ

市原市内の休耕田でトンボ観察。
適度に湿地状態になっている休耕田を探索。以前観察した場所と異なる場所でモートンイトトンボを発見。ハラビロトンボの密度が濃かった。ショウジョウトンボ、シオカラトンボも飛んでいたが、キイトトンボを見つけることができた。このトンボも絶滅の恐れがある種とされている。近くの崖では、イワタバコの群落。紫色の花をつけていた。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
モートンイトトンボ♀      ♂   ハラビロトンボ ♀      ♂
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
 キイトトンボ      イワタバコ



ぶらぶら自然散歩!!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ