2018/3/31

桜満開(市原市内)  その他

市原市内の桜を見て回った。
小港鉄道飯給駅の写真など、すがすがしい青空に薄桃色の桜が映えた。菜の花の黄色も美しい。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2018/3/20

宮古島その他の生物  その他

その他の特徴的な生物
なかなかお目にかかれないヤシガニの交通事故死を発見。この季節から、道路を横切ることが増えるそうである。マングローブではトビハゼやカニ類など、見ていて飽きなかった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
1

2017/4/14

ワニ塚の桜(韮崎市)  その他

勤務後、同僚に、夜桜見学に連れて行ってもらった。
韮崎市にあるワニ塚の一本桜。樹齢200年のエドヒガンザクラ。ソメイヨシノの親。
18時半からライトアップされ、たそがれ時に映えるサクラは圧巻であった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2017/1/1

謹賀新年2017年  その他

謹賀新年
本年もよろしくお願い致します。

1富士2鷹の正月の縁起物の写真添付します。
年末年始のいくつかの場所からの富士山の写真です。
新年ではありませんが12月31日に撮影したノスリです。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2016/4/9

甲府盆地桃色に染まる  その他

甲府盆地が桃色に染まった。雪をかぶった山々を背景に桜と桃の花で覆われるという感じ。菜の花や水仙そして空の色も加わり、色彩鮮やかな街となった。これを楽しめるのはあと数日のみか!!
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2015/10/3

甲府での単身赴任スタート  その他

定年退職後の生活
9月30日付で34年間勤務した会社を定年退職した。定年後はのんびり鳥見三昧、自然観察三昧、旅行三昧と行きたがったが、もう少し頑張ってみようと思い地方大学に就職した。
山梨大学に単身赴任。今後は、市原、甲府、日光と仕事の合間にエンジョイしようと思う。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2014/9/22

トンボ池の会ツアー(長野)ツキノワグマ  その他

肩の小屋口でバスを降り、登山を開始して、肩の小屋口直下で、ハイマツの中で黒いものが動くのを発見。ツキノワグマであった。距離約100m。谷の反対側をゆっくり下って降りていった。距離があったため襲われるような気配はなかった。山小屋に確認するとハイマツの実を食べにきていたようである。今年は、目撃情報が多いということであった。 
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




ぶらぶら自然散歩!!
0

2013/1/1

あけましておめでとうございます  その他

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
1月1日の初日の出ではありませんが、1月1日夕焼けの中の富士山です。工場の煙がやや邪魔していますが美しい富士山でした
クリックすると元のサイズで表示します
(市原市養老川の向こうに見える富士山)
富士山とくれば鷹ですが、本日トビしかみれませんでした。昨日撮影したハヤブサです。
クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2012/5/21

日食は雲を介するのがよさそうだ(市原市)  その他

金環日食。朝、起床時は雨だったが、気持が通じたかなんとか雲にかぶった日食を観察することができた。雲のおかげで幻想的な金環食となった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
1

2012/2/4

自然の芸術(氷壁)と春の気配(市原市)  その他

日の冷え込み、市原市でも最低気温が氷点下続き。梅が瀬の氷壁(ツララ)が見れるかもしれないということででかけた。ツララは見れる年と見れない年があり、発生が短期間ということもあり、ここ数年見ることができなかった。梅が瀬渓谷入口に着くと、すでに車が5台。目的は同じである。渓谷を少し入ると、早速、渓谷の北向き斜面でツララを見ることができた。1mはあるツララが密生してぶらさがっ
ている。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(渓谷沿いのツララ)  (下から)     (奥の崖:高さ約20m) (奥の崖:下から)
有名な奥の崖(以前NHKでも紹介された)に向かう途中も、ツララだらけ。その崖に到着すると、その壮大なツララ層に圧倒された。高さ約20mの崖から何層にも渡ってツララが並んでいる。時折、ツララが落ち、音を立てて砕け散る様もすごい。梅が瀬渓谷の氷壁の特徴は、何層にも重なっている地層の間から滴り落ちる伏流水がツララになるため、何層ものツララになること。千葉県で見れる珍しい光景だ。枯れ枝にしたたった水が凍り、それが成長しておおきくなった様子も観察できた。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(長さ2m強のツララ)             (枯れ枝を氷がコーティング)(日高邸の池:凍結)
帰りがけに、谷津を散策すると、トウキョウサンショウオの卵塊を1つ見つけた。今年初認だ。
まだまだ厳しい寒さの中、春の気配を感じさせてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
(トウキョウサンショウウオの卵塊)

ぶらぶら自然散歩!!
3

2011/1/3

外来生物駆除(横須賀市)  その他

正月を利用して、妻の実家がある横須賀市の山中に観察に出かけたところ、タイワンリスの捕獲ケージを見つけた。地面や木にケージを付けている。奥に行けばいくほど仕掛けが多い。どれも、入っていなかったが、更に奥の木の上のケージに1匹かかっていた。ケージの中で元気に動き回ってはいたが、さびしげな顔をクリックすると元のサイズで表示しますしていた。クリックすると元のサイズで表示します
三浦半島のタイワンリスは鎌倉を起点に増え続け、三浦半島全域にまで広がっているようだ。タイワンリスは雑食で、木の実だけでなく、鳥の巣を襲ってヒナをも食すると言われ、生態系破壊の一因とされ、悪者にされている。でも、悪いのはタイワンリスではない。彼らを放した人間だ。人間の勝手で、放されたり、駆除されようとしている。彼らは人間によって翻弄されている。駆除は生態系保全の点から必要であるが、悪いのは彼らではなく被害者であることをしっかり理解する必要がある。






ぶらぶら自然散歩!!
0

2010/11/20

森さんを偲ぶ会  その他

7月20日に53歳で逝去した森さんの偲ぶ会「もりやんまさん!!ありがとう!!」を市原市鶴舞青年の家で開催した。私たちの呼び掛けに呼応いただきご遺族、自然保護、観察団体、ゆかりの人など40数名にご参集いただいた。さまざまな方に、森さんとのエピソードを中心にごあいさついただき、森さんの人柄を改めて偲んだ。これまでつながりが深くなかった団体間の付き合いだが、森さんが引き合わせてくれたということで、連携を深め更にいい活動ができるのではないかと期待したい。会場には、森さん撮影の写真、キジ、手帳やベストなどの遺品を展示し、偲んだ。森さん、ありがとう!!そして、お疲れ様でした!!。
クリックすると元のサイズで表示します

ぶらぶら自然散歩!!
0

2010/10/7

ノーベル化学賞  その他

(自然観察と関係ありません)
仕事の関係で、北海道大学に半常駐しているが、昨日(6日)夜発表になったノーベル化学賞受賞で大学内は大騒ぎだ。昨日は号外が出た。今日は、たまたま工学部内にいたところ「11時15分から鈴木先生の受賞記念のセレモニーを工学部ホールで開催する」というアナウンスがあったので、せっかくだからと覗いてみた。20分ぐらい前から待機したが、すでに報道関係者が陣取りを終えていた。徐々に学生、教職員が集まり始め、ホールがいっぱいなり、そこに鈴木先生の登場。歓声、拍手がすごく、大いに盛り上がった。その場に立ち会えて幸運であった。学生にいい刺激になる。鈴木先生、おめでとうございます。クリックすると元のサイズで表示します



ぶらぶら自然散歩!!
0

2010/7/23

早すぎる仲間の死  その他

観察仲間の「もりやんま」さん、本名:森将憲さんが逝去した。入院して治療に励んでいたが、残念ながら帰らぬ人となってしまった。知り合って15年。二人で時折観察に出かけたものだ。その中で、千葉県初のマキノスミレの発見は、森さんの力がなかったら実現できなかった。森さんは、シバナの発見という功績も残した。自然への造詣があり、また知識が深く、その知識をみなに優しく指導する森さんは尊敬する人物だった。有能で頼れる仲間を亡くしてしまったのは 非常に悲しい。まだ、50の前半だ。若すぎる死だ。これからの人だった。ご冥福をお祈りします。森さん、やすらかにお眠りください!お疲れ様でした。


ぶらぶら自然散歩!!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ