2006/7/5

スピーカー交換  クルマネタ

前車フィットから取り外したカロッツェリアの16cmスピーカーTS−F160はスイフトに付けないままになっていました。
ごっぱぁのヨメさんのダイハツジーノミニライトがフロントのみの純正2スピーカーで音がイマイチという事で、遊んでいるそのスピーカーを活用しました。

@まず内張りを外します。実に簡単に外れて楽勝でした。
ドアハンドルからロックまでは普通ロッドで連結されているのですが、ジーノはワイヤー式(矢印)、ガラスの隙間から工具で開けられないよう盗難防止であろうという話に。スイフトはまだ内張りを外していないので分かりませんが、最近の車はこうなっているのでしょうか。
純正のスピーカー(丸印)はクラリオン製の軽量品で実に150gしかありません。今時珍しい日本製。
スピーカーはビス止めが普通で外すのは簡単なのですが、トヨタ車はリベット止めで大変です。リベットの中心にドリルで穴を開けて強引に外しますので純正スピーカーは再利用できなくなる場合もあります。以前ファンカーゴの時に苦労しました。
フィットはバネ式の金具でパチンとはめてあるだけ(笑)。
   クリックすると元のサイズで表示します

A純正スピーカーを外してカロッツェリアを取り付け。コネクターの加工もなくポン付け。これは標準的な750gで中国製。
   クリックすると元のサイズで表示します

B外した純正スピーカーはスピーカーレスのリアドアに移設。配線は来ているので防水ビニールを切って配線してはめ込みますが、ビスが無いので手持ちのタッピングビスを利用。
右側も同じ様に交換して小一時間で無事終了しました。
   クリックすると元のサイズで表示します

カロッツェリアは一組1万円程度の安い物ですが、それでもそれなりの音がして純正よりはかなりマシです。
あと一組あるけどどうしようかと。スイフトはフロントがツイーター付きだしどうしようかと思案中。リアだけ変える事もできるけどバランスがどうかなぁ?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ