2007/8/26

表参道にボンネット  バスネタ

ゆりかもめを終点の新橋で降り銀座線に乗り換え表参道へ。A2出口から出ると目の前にボンネットバスが。実はこっちが今日のメインである。
表参道ヒルズの隣にある新潟県のアンテナショップ「新潟館ネスパス」のイベントで、越後湯沢の魚沼交通昭和34年式いすゞBX341/金産ボディが展示されたのである。この車は元は瀬戸内海交通(瀬戸内運輸から移籍)で、竹原の電源開発の前で長年に渡って倉庫となっていたあの車である。それを3年前に福山自動車時計博物館がレストア、魚沼交通の親会社である森下企業へ譲り渡されたのである。
レストアされた年のフラワーフェスティバルでパレードに参加した事がある。
今回最後の活躍をしていた愛媛県大三島に里帰りする事になり、その途中、イベント参加で東京へ寄ったのである。もちろんDPFを取り付けてあるので都内自走可能である。
    表参道の木陰が良く似合うBX
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

    左後が表参道ヒルズ、右後が新潟館ネスパス
クリックすると元のサイズで表示します

    車内:団扇は必需品(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

    DPFユニット:福山自動車時計博物館の日野BAとはメーカーが違う
クリックすると元のサイズで表示します


15時過ぎに辞して再び銀座線で新橋へ、そこから京成で羽田へ。どうもいつも京成が来るのだが、たまには本家の京急に乗りたいのだが・・・。

猛暑の中イベントで汗を流された新潟の方々、福山自動車時計博物館の方々、お疲れ様でした。
0

2007/8/25

えあろええっす  バスネタ

8月24・25日で東京へ行って来た。そこで三菱ふそうエアロエースが展示されるという事を聞いたので行って見た。
それは25・26日で東京ビッグサイトで一般公開されている「グッドデザインプレゼンテーション2007」で、グッドデザイン賞にノミネートされる製品などが展示されている。
存在もすら知らなかったりんかい線とやらに大崎駅で乗り継ぎ国際展示場前駅で下車、結構歩かされて開場直後の10時過ぎに会場に着くと幸いまだまだ空いていて写真撮り放題であった。というより「何でバスがあるん?」てな感じで全く注目されて無かった(笑)

    デザイン的にはオーソドックスでセレガーラに比べると至ってシンプル
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

    しかしリアは独特のデザイン
クリックすると元のサイズで表示します

    シートはこんな感じ
クリックすると元のサイズで表示します

    コックピット
クリックすると元のサイズで表示します

    エントランスを客室側から
クリックすると元のサイズで表示します


しかしながら時間が経過し来場者が増えると共に見学する人もどんどん増えて来て、撮影はだんだん難しくなって来た。早く行って正解であった。

様々な業種の様々な製品が展示されており、車関係のごく一部を紹介・・・。
    マツダデミオ
クリックすると元のサイズで表示します

    日産マイクラC+C(マーチのコンバーチブル)
クリックすると元のサイズで表示します

    三菱ギャランフォルティス
クリックすると元のサイズで表示します

    三菱ふそうスーパーグレート
クリックすると元のサイズで表示します


次の予定が入っているので11時半には撤収、水上バスがあるのでそれでと思ったら丁度出たばかり、それならと初乗りのゆりかもめで新橋へ移動。
    お台場放送局とゆりかもめ
クリックすると元のサイズで表示します

    羊蹄丸と宗谷
クリックすると元のサイズで表示します


さて、次の予定は表参道。それはまた次回・・・。
1

2007/8/19

らすかるぅ〜  バスネタ

熊野にある「筆の里工房」で7月19日から9月30日まで「ラスカルと世界名作劇場原画展」が開催されている。
いつものように宣伝のバスマスク(通称:よだれ掛け)が広電バス熊野線のバスに取り付けられるのであるが、今回は従来とは異なっていた。
まず初めに広電バス市内線のバスに下のデザインのよだれ掛けが取り付けられた。これはごく普通の印刷された物である。
クリックすると元のサイズで表示します

そしてその後しばらくしてから、開催前の7月16日に行われた「ラスカルバスマスクを描こう!」というイベントで30人の子供達が描いたラスカルが熊野線のバスに取り付けられたのである。
ラスカルが立っているのと瓶の中のお菓子を取ろうとしているラスカルの2種類があるようだが、ほとんどは立っているデザインである。
撮影できた8枚を紹介しよう。因みにdendonさまは30台全車ゲットしたとか・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

9月30日までと書かれているが、残念ながら「あらいぐまラスカル」は本日19日で終了、閉館日をはさんで21日以降は後期分として「フランダースの犬」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」などを中心に展示されるそうである。
残念ながら前期は見に行けなかった・・・
普段「よだれ掛け」はバスを撮影する側からは敬遠されるが、今回は1枚1枚手描きで異なるのでなかなか楽しませてもらった。
0

2007/8/18

夕凪の街 桜の国 ロケ地巡り  エンタメ

平和公園に行ったついでに「夕凪の街 桜の国」ロケ地を少しだけ回ってみた。
朝7時半前なのに散歩の地元民以外の観光客の姿があちこちに。今朝も朝から暑くて汗だく。
まずは七波と東子が平和資料館の下で落ち合った場所。ワンちゃんがいる辺りに並んでガードパイプに腰掛けていた。「くすねてきたぞ〜」(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

確かにここら辺りから見える二人が入ったオリエンタルホテル。「ダイアモンドだね〜♪」
クリックすると元のサイズで表示します

四国中央北小学校の子供たちが出ていた原爆の子の像
クリックすると元のサイズで表示します

あ、資料館東館前と相生橋から望むドームの画像撮り忘れた・・・

50年振りに再会した旭(堺正章)と打越(田山涼成)のシーンが撮影されたアカシアの木が植えてある川岸。ハノーバー庭園のある緑地公園の横である。
さすがに撮影用被爆地蔵設置の痕跡は無かった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


お寺での撮影はこの近くではあるが、墓地を撮るのはなんなので行っていない。今だと盆灯篭がきれいなのだが。
0

2007/8/12

捕鯨船公開  船ネタ

今回下関ではバス撮影の合間に色々船舶が撮影できた。
まずは三菱重工下関造船所で建造中の、ダイヤモンドフェリー「さんふらわあ ごーるど」。7月4日に進水式が行われている。
現在「さんふらわあ ぱーる」となる2隻目も建造中で、それは9月11日に進水式の予定とか。
クリックすると元のサイズで表示します


次に下関漁港閘門そばで公開中の捕鯨船「第二十五 利丸(としまる)」を見学に。マルハが所有していたが引退後下関市に寄贈されていた。
8月は休み無し、9・10月は金・土・日と祝日の10時〜17時に公開。
我々が行った時は元砲手の方が案内され、丁寧に説明して下さった。
会場は下関駅から彦島方面行きのサンデンバスで「彦島口」下車。下関運転所を見ながら歩いても行ける距離だが暑さで倒れても責任は負えない。
クリックすると元のサイズで表示します

     青緑色のが捕鯨砲、黄色いのがモリ
クリックすると元のサイズで表示します


パナマ運河方式では世界最小と言われる「下関漁港閘門(こうもん)」。分かりにくいので単に「水門」と呼ばれているようだ。行った時は閉まっていた。ここが通れないと関彦橋を大きく迂回しないといけない。
     サンデン観光バス車庫側から
クリックすると元のサイズで表示します

     利丸の上から見ると・・・
クリックすると元のサイズで表示します


最後にオリエントフェリー「ゆうとぴあ」。下関〜青島間を結ぶ26,900トンもある国際航路の大型客船である。彦島の先端で発見し、並走する車の助手席から撮影したものの、足が早いので行き止まりまでにこれしか撮れなかった。
クリックすると元のサイズで表示します


すぺさん:ふくふく号さま
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ