2007/10/29

最近の呉の話題  バスネタ

呉市交通局にワンステップの移籍車が登場した。
東武バスが試作的に導入した初期のいすゞ製ワンステップで、呉市営初の富士重工7Eボディを架装している。型式は6年式U−LV324L改。東営業所に配置され、主に天応川尻線で運用されている模様。
いすゞ/7Eのワンステは京急でも導入しているが、東武は独自のセイフティウインドウを設置、正面窓下は樹脂製パネルで黒く塗装されており、ウインカーはバンパーを欠き取って設置されている。独特の仕様なので一発で出身が分かる。
呉市営ではこのセイフティウインドウを埋めてある。大きな仕様変更はこれだけで、シート配置や側面方向幕位置などはオリジナルのまま。奇しくもシートモケットはCNGノンステと同じである。
あまり詳しくは知らないのだが、東武での導入時期によって@中引扉ロングシート、A中4枚折扉でハイバックシート、B中4枚折扉で樹脂製ローバックシートの3種類に分かれるようである。この車は2台いたAの内の1台で一番いい仕様の車両である。因みに@は弘南バスに移籍、Bはまだ現役である。なおAのもう1台は除籍後の行方はまだ不明である。これも呉に来ないかな?
最近は排ガス規制の関係で規制区域では例外無く使用出来なくなる為に、ワンステなどのバリアフリーな中古車が流通している。どうせ中古を導入するなら今後もこういう車両を選んで欲しいものである。
     広島200か1021 IM 9414
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

     車内画像はあきじさま提供
クリックすると元のサイズで表示します

撮影に際しては呉市交通局東営業所の皆様にご配慮頂きました。ご協力ありがとうございました。
0

2007/10/28

パルと貨物まつり  鉄ネタ

今年もJR貨物広島車両所の一般公開へ行って来た。ふれあいパルのラストランを広島駅付近で撮影してから行ったので入場したのは10時半。既に芋の洗濯状態・・・
それでも何とか色々撮影し11時半前には撤収。バスで県庁前まで出て広島城付近で開催のフードフェスタへ。分かっていた事だが当然の如くさらなる芋の洗濯状態。まともに歩けんわい・・・。
人ゴミ大嫌いなのにイベントのハシゴなど珍しい一日であった。一人じゃ絶対行かんなぁ〜
     さよなら ふれあいパル
クリックすると元のサイズで表示します

     金太郎 EH500−53
クリックすると元のサイズで表示します

     美しい! DD51 852
クリックすると元のサイズで表示します

     EF200−15 この新色は私にはグフのブルーに見える
クリックすると元のサイズで表示します

     大人気の吊り上げ実演はEF67 105
クリックすると元のサイズで表示します

     広島城のお堀では竹原の木造伝馬船試乗会も開催
クリックすると元のサイズで表示します


まぁ、何はともあれ本日参加の皆様お疲れ様でした〜
0

2007/10/22

三たび、夕凪の街 桜の国  エンタメ

先月2度目の「夕凪の街 桜の国」鑑賞に行き、来年8月6日に合わせてテレビで放映されるまで見る事は無いだろうと思っていた。ところがアルパークシネマでリバイバル上映されると聞き、3度目の鑑賞に行って来た。
アルパークシネマでの鑑賞は十数年ぶり。ここは言うなれば広島のシネコンのはしりの様な所である。狭いながらも設備のいい映画館であった。さすがにもう古さを感じさせるが・・・。

アルパークシネマでの現時点での上映は11月2日までで、上映時間は・・・
@10:10
A12:25
B14:40
C16:55
の4回である。これを機会にぜひ行って頂きたい。

「紅の豚」だの「カリ城」なんてのはテレビやビデオ、DVDなどで数え切れないほど見ているが、同じ作品を3度も映画館で見るのは初めてである。
もう色んなシーンを覚えてしまった。カブが走り去った先の角を曲がる、ADバンか何か新しげなバンには気が付かなかった事にしよっと・・・

画像は無いので関連画像を・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

     バスしか無いんかい・・・(汗)

意外な事に広島や長崎での観客数が期待したほど伸びなかったらしい。大手の配給でないという事もあったのだろうが、原爆関連はもう結構という事なのであろうか。もしそうなら非常に残念な事である。
0

2007/10/19

旧車といえば福山自動車時計博物館  バスネタ

高宮今日子さまから催促があったので、府中の帰りに寄った福山自動車時計博物館での画像を・・・。
既に今日子さまがアップされているのでDB100は被るのだが、博物館学芸員の宮本さまが撮影しやすいようにわざわざ駐車位置を調整してセッティングして頂いていたので敬意を込めて。
昭和42年式トヨタDB100/呉羽車体 現存するボンネットでは非常に珍しい呉羽ボディなのである。今博物館にいるU690が渡辺車体、BA14が東浦ボディ、鞆鉄のBX341が新日国、レストア待ちに北村2台・・・今、福山はレアな車体がいっぱい・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

     呉羽車体のリアはこんな感じ。トヨタのテールランプユニットはやっぱり独特。
クリックすると元のサイズで表示します

このDB100の経歴であるが、当初は富山県内の温泉旅館の送迎用であった。そして地元の中古バス販売店に引き取られた後は各地を転々としている。
府中市内のタクシー事業者が所有していた事もあるので今回福山は2度目である。その後知多バスでは定期観光バスとして運行された(これが一番知られている)後、再び中古バス販売店に戻っている。
最近までは関東の劇用車所有会社に所属していた。
車体に貼られた「鳥取交通」の文字は鳥取が舞台の番組か映画のロケにでも使われたという事であろう。
車内はリクライニングシートが並ぶが、これは知多バス時代定期観光バスに使用する為にに交換されたのではないかと推測する。サッシの黒塗装もこの時か?

元・羽後交通のBH15の車体はもうここまで進んだ。次はいよいよ心臓部か?
クリックすると元のサイズで表示します


さて、博物館新入荷の書籍のうち私が購入したのはコレ。昭和28年に発行された岩波写眞文庫94「自動車の話」の復刻版である。今まで見た事の無い写真が満載だったので即決!735円と買いやすい価格でもある。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


宮本さま、セッティングありがとうございました。丁度関西から来られた方も嬉々として撮影されていました。U690のTシャツも購入致しました。


     最後に、さよならRD・・・
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/16

最近のゑもの 1016  バスネタ

芸陽バス初のノンステップバスが運行開始していたのを運良くゲット出来た。
広島200か1016 19年式日野PKG−KV234N2 である。本日は西条〜広島便に投入されていた。
日野車は今回の新排ガス規制車から角2灯ライトとなり、既に備北交通のブルリUワンステが導入されているが、広島市周辺ではまだこの芸陽のノンステが唯一であろう。
また広島バスセンターに乗り入れるノンステ営業車も初ではなかろうか。まぁ一応エアロキングも一階はノンステなんだけど
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


エンゼルキャブには小型ワンステップが増備されている。9年式日産デKC−RN210CSN/富士8E7mワンステである。今の所、朝の安西高校直行便2便にのみ使用されている模様。
グリーンガラスであると共に、本来小型のテールライトが標準サイズであるという特徴から、元は群馬県の日本中央バスであったと思われる。バスラマ57号によると9年式は3台在籍していたようで、この内の一台であろう。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


尾道市交通局には立て続けに6台の中古車が導入されている。
神奈川中央交通からの6年式三菱U−MP218M改が4台(1台は貸切登録で契約企業輸送)と京阪バスからの6年式U−MK218Jが2台である。
MPはシートが2人掛けに交換され、MKは2人掛けシートが増やされている。
     神奈中からのエアロスター
クリックすると元のサイズで表示します

     京阪からのエアロミディ
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ