2008/5/27

もいっちょ消防車  クルマネタ

古い消防車がウケたようなので、ついでにその頃撮影した残りを。
バスはなんでも撮るが、トラックは基本的にボンネットしか撮らないのは昔も今も変わっていない。

昭和38年式日産パトロール/市原。坂町のが速谷神社に来ていた。「広」ナンバーで、この頃中板は「た」、大板は「ち」だった模様。
クリックすると元のサイズで表示します

40年式日野TE11/森田。都の化学車である。昨年から福山自動車時計博物館のバスでおなじみとなった剣道のお面グリルである。広島は大型車の場合ほとんどがいすゞで日野は少数派。日産デやふそうはいたかも知れないが見た記憶が無い。
クリックすると元のサイズで表示します

46年式いすゞTXG20/森田。大野のポンプ車である。
クリックすると元のサイズで表示します

47年式辺りのいすゞTX系で廿日市の所属。データは不明。
クリックすると元のサイズで表示します

45年式辺りのいすゞTX系で都のポンプ車。これもデータ不明。
クリックすると元のサイズで表示します

38年式日産デTA2/ヤナセ。当時の広島空港にいた。こういう特殊なのは撮ってたりする。 (^^ゞ
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと調べてみたら日デ初のキャブオーバーTC型サングレイトは39年からの発売。これは当時のメモが間違っていなければTA型。特注で先行試作的に作っていたのであろうか?ドアはサングレイトそっくりである。
0

2008/5/25

新型エアロが続々  バスネタ

何やらここ数日でやたらに新型エアロエース&クイーンに遭遇した。セレガーラ登場時より導入速度が早い様な気がするが、単に気のせいだろうか?

広島交通の広島空港リムジン用エースがようやく撮れた。
クリックすると元のサイズで表示します

広交観光にもエース登場。貸切車だがリムジン同様直冷である。今回は希望ナンバーではなく一般払い出しナンバー。
クリックすると元のサイズで表示します

石見交通の浜田〜広島線用エース。以前紹介した益田〜広島線の2台とは仕様が異なり路線仕様。どちらもOPの10スタッドを採用。
クリックすると元のサイズで表示します

アサヒ観光のクイーン。山口県内にはまだエースは出ていない模様。
クリックすると元のサイズで表示します

宇和島自動車のエース。やはりこの塗装はセレガーラよりこっちが似合うかと。
クリックすると元のサイズで表示します

土佐市観光のクイーンもやって来た。
クリックすると元のサイズで表示します

前田観光(京都)のクイーン。
クリックすると元のサイズで表示します


おまけ
サンフレッチェFCvs愛媛FC
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/24

子供は消防車が好きです  クルマネタ

昭和55年6月1日に平和公園で行われていた防災?イベントより。相変わらずネガの劣化がひどいのはご勘弁を…。

一番馴染みがあった都のポンプ車。データでは47年式TXG20/日本機械となっているから正しければガソリン車だが、さて? 結構遅くまで都に残っていた。
クリックすると元のサイズで表示します

大手のポンプ車。47年式で型式は不明だがこちらは中板ナンバー。後の梯子車はボンネットでないという明確な理由で撮っていない。
クリックすると元のサイズで表示します

珍しいからか撮っていた、尾長の45年式TXD50E/日本機械 高発泡車。
あぁ、空が広い…今はビルだらけ。
クリックすると元のサイズで表示します

新車の指揮車のランクル。右のルーチェは廉価版仕様バンパーで多分バン。
クリックすると元のサイズで表示します


別の日に撮影していたのもついでに…
江波の梯子車ってこれしか知らない。47年式TXG50/森田ポンプ
クリックすると元のサイズで表示します

水上宇品(出)の49年式TXD23/日本機械 ボンネット最終期では?
クリックすると元のサイズで表示します

もういっちょ、呉にいたウニモグ。山火事が多かったから配属?
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/5/14

近車製バスの廃車体  バスネタ

近畿車輛が製造したバスと言えば何と言ってもビスタコーチであるが、こんなバスも製造されていた。近畿日本鉄道の昭和41年式日野RC100PTで、当時丸型のモノコックが当たり前であったが、まるでスケルトンバスの様なスタイルである。
昭和41年式3台、42年式2台のみ製造されたらしい。
防長交通には昭和47年に移籍したそうで、平成9年に初めてこれを見た時に残っていた定期点検ステッカーによると昭和54年頃廃車になった模様。
山口県の日本海側のとある港に置かれているのだが、もう6〜7年は行っていなかったのでもう無いであろうと思っていたらまだあったので驚いた次第。何しろ海のそばで、発見当初から相当痛んでいたのである。
近鉄時代は貸切だが防長移籍後は路線転用されていた模様。方向幕は無く、バンパーの上にサボが設けられていた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

リアも独特。サブエンジン冷房車で、リアガラス上の出っ張りも冷房機器の一部では?以前はすぐ後に木があって後部は見る事が不可能であった。
クリックすると元のサイズで表示します

屋根は結構深いのだが天井はフラットに近い。その間に風洞があり中央のルーバーが冷気吹出口ではないかと思われる。ガラスが割られたおかげでよく見える様に…。
クリックすると元のサイズで表示します

サッシレスウインドゥで、金産製BM320のイメージがある。
クリックすると元のサイズで表示します

近畿車輛製である証しは今も残る。
クリックすると元のサイズで表示します

隣には明かり窓に「京都近鉄観光」の表記が残る金産製のRC100Pがある。これも昭和41〜42年式である。路線転用でライト間に方向幕が設置されていた跡が残る。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

参考文献:日本バス研究会「バスファン No.228」

防長の廃車体つながりでついでに。てつまろさまから紹介されるまで存在を知らなかったのだが、行ってびっくり屋根付きで極上の廃車体である。これも40年代前半の金産ボディ製で日野RB10PかRC120Pであろう。
やまぐち号の追っ掛けをする人には有名かも。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2

2008/5/11

最近のネタ  バスネタ

バスネタ更新を一ヶ月もサボっていたので最近撮影したものを…

@石見交通
待望のエアロエースが益田〜広島線に2台、浜田〜広島線に1台登場している。
ドア上部にLEDが設置されて横サボが廃止され、アルミホイールを履いている。以前何度かあったようにそのうち貸切に転用?
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

A岩国市交通局
くるりん用ポンチョを除くと、実に7年半振りの路線新車であるレインボーUノンステップが1台登場。
今春レインボーUノンステは岩国以外にもサンデン・船鉄・宇部市営・防長にも入っている(ブルーライン以外全路線事業者ってこと?)。
クリックすると元のサイズで表示します

B和木町
山陽本線和木駅開業に合わせて町営バスが再編され2台体制になり、リエッセが1台投入されている。新たに「あいあいバス」と命名されている。
クリックすると元のサイズで表示します

従来からいる11年式RMノンステは当時山口県初のノンステだった。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ