2008/7/26

のうが高原のバス  バスネタ

初代パークウェイといえば「のうが高原」を思い出す。のうが高原は倒産・閉鎖されて久しいが、確か子供会で一度、あの巨岩を見に高校生の頃?(記憶あやふや)だったか一度行った事がある。
明石バス停から上まで入場者専用のバスを走らせていて、パークウェイも使用されていた。緑ナンバーのパークウェイは非常に少ないが、初代となるとこれしか知らない。
撮影は昭和59年11月、当時乗っていたシャレードが写っている。
クリックすると元のサイズで表示します

なぜかバスだけを撮っていないのでトリミンぐ〜(寒)
広島22け・115で、新規登録なら昭和49年式。限定貸切登録である。
クリックすると元のサイズで表示します

何台もバスを持っていたようで自家用登録の日野BM320/金産もいた。日野RL320も貸切車でいた。広島22く・856と857だったかと。BMは55年5月の撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

のうが高原ホテルの建物はそのまま放置されていて廃墟マニアには相当有名だそうだが、近年改装工事を始めたとかいう話も耳にした。どうなる事やら。
2

2008/7/21

入江や澄合には…  バスネタ

君管でジェミニのCM見まくって、続いて時効警察のDVD見てる間に高宮今日子さまが何やら催促していたので、早う寝たいのに眠い目を擦りながらアップしている。多分これの事じゃろうて。

旧吉田町の入江バス停にあった廃車体利用の待合室。元・広電の昭和38年式いすゞBXD30/川崎である。加計方面で走っていたのであろうか、引退後は教習車として残っていたらしい。おっ、珍しくネガの状態がいいぞ。昭和53年10月撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

カローラ30は親父のである。確か土師ダムに行ったついでに撮影した。
クリックすると元のサイズで表示します

昭和57年7月にはこれになっていた。廃車時期が55年8月なのでその頃代替されたのであろう。昭和39年式日野RB10/金産 61230 広2い3118 である。しかし、いつしかこれも撤去され、今は何も無い状態である。
クリックすると元のサイズで表示します


旧加計町澄合にはこんなのもあった。これも教習車で最後を迎えた広電のいすゞBXである。これも昭和53年10月撮影。これの対岸には呉市営の昭和39年式いすゞBXD30がいた。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/17

街の遊撃手  クルマ模型

待ちに待った「いすゞジェミニ」のミニカーが発売された。アシェットコレクションジャパンから本屋で販売されている「国産名車コレクション 」のVOL.66である。
このシリーズは以前にも紹介したが、いすゞフローリアンを出して仰天した事がある。最近では初代スズキジムニーやマツダユーノスコスモなどコアな車種を出している。
モデル化されたのは平成元年にマイナーチェンジされた最終タイプで、リアのナンバーがバンパーに移設されたタイプである。グレードはレカロシートやリアスポがある事からハンドリングbyロータスで色は紺色(トルーパーブルーだったかな)。
予想では初期型のハッチバックでセイシェルブルーだったが、セダンだったのは嬉しい誤算である。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今後のラインナップとしてはかなり先であるがVOL.86にマツダルーチェレガートがある。前期型の縦目である事を祈ろう。
隔週刊で1790円、サイズは1/43で製造元はノレブである。

ついでなので保有していたジェミニC/Cの画像を追加。平成元年1月登録で色はピューターメタリックという薄めのガンメタ。リアスポはハンドリングbyロータスのパーツを取り寄せて付けてもらった。これとドアミラーをボディ同色で塗装してもらえばよかったが当時はそこまで金を掛けれなかった。
欧州仕様のウインカークリアレンズは神戸のいすゞ専門ショップからの通販。交換してすぐに最後のマイチェンでクリアになってショックを受けた。高かったのに。グリルの「I-MARK」のエンブレムは北米仕様(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/16

ぶひってみた  

H-FMオバレボ×ほっかほっか亭コラボ夏弁当プロジェクト「カレーぶひ丼」480円也を買ってみた。
内容はごはんの上に豚肉とタマネギをカレー味で炒めたものとから揚げとコロッケが乗っている。なかまゆとマッキープロデュースだそうな。
で、さっそく食べてみると「うまい!」ボリュームもあってこりゃ夏にピッタリじゃ。また食べようっと。
クリックすると元のサイズで表示します

…ただ、器の紫色が好きになれない。
0

2008/7/13

暑いけどロンドンバス  バスネタ

中国地方バス趣味の会の行事で下関のロンドンバス試乗会を行った。
今回は備北交通のセレガを貸し切り、総勢14名での参加となった。
広島駅新幹線口を出発後山陽自動車道を走り、小月ICを降りてちょいと寄り道(謎)。城下町長府バス停でロンドンバスに乗車する者は下車、唐戸へ行く者はそのまま乗車で以下は集合時間まで自由行動である。
4月に乗ったし暑いのでロンドンバスには乗らないと公言していたが勢いで乗ってしまい唐戸へ。当然ながら車内は大変暑い。それでも走っていれば少なからず風が入って来るので、オリジナルと変わってしまうが窓がもっと開くようになればそれなりに涼しくなるであろう。

唐戸バス停を発車するルートマスター。向かって左後は旧下関英国領事館である。
クリックすると元のサイズで表示します

国際興業キュービックで入江口へ移動、昼食はいつものくじら亭定食。写っていないがこれに竜田揚げが付いて1575円。もう何度食べたやら。最高。
クリックすると元のサイズで表示します

下関駅まで都営キュービックで移動して皆と別れ、長府で合流したふくふく号さまと国際興業キュービックで東駅へ。サンデンの車庫を覗くと目的のバスがいい位置にいたので訪問。
下関230あ・888 12年式いすゞKC-LV280L改 元・都営の養護学校スクールバスで、サンデンでも特別支援学校スクールバスに使用。
クリックすると元のサイズで表示します

またまた国際興業キュービックで唐戸へ、すると相鉄7Eがやって来たのでそれで下関駅へ。集合場所の唐戸へは何に乗ろうかと思案していると神奈中エアロスターが来たのでこれで唐戸へ移動。
なぜうろちょろしたかというと立ちんぼすると暑いから(笑)。それにロンドンバスにも乗れる「しものせき観光1日フリー乗車券」700円也の利用で乗り放題だからである。
唐戸にいると船がひっきりなしに通過するので飽きない。深田サルベージのタグボートがクレーン船を牽いて通過して行った。
クリックすると元のサイズで表示します

本日お世話になったのはコレ。備北交通の広島200か・137 3年式日野U-RU2FTABで、元は川越観光である。
クリックすると元のサイズで表示します


本日暑い中参加の皆様お疲れ様でした。
また、備北交通の皆様にも大変お世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ