2008/9/26

最近呉が熱い  バスネタ

この夏あたりから呉のバスになかなか興味深い車両が登場して面白くなっている。

呉市交通局
広島200か1114 7年式いすゞU-LV324L改/IK Im9517
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

東武に続いて登場した大型ワンステ。元・京急バスである。側面幕は廃車発生品であろうか中型サイズに交換されている。もう1台か1115(Im9518)もいる。
主に天応川尻線で運行されているらしいのだが、走っているのは見た事は無い。
車内はワンステ部はタイヤハウス部以外はオールロングであったが、右側は段上げ部の幅を拡張して前向き2人掛けに交換されて着席重視仕様となっている。戸袋部は前向き1人掛けに交換。交換されたシートは一本足で肘掛が異なるのですぐに分かる。モケットは京急仕様が入手出来たらしく同じ物が張られている。

広島200か1143 8年式日産デKC-RM211GSN/富士 Nm9613
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

側面幕と車掌窓で分かるように元・相模鉄道である。手を掛けた京急と異なり車内外共にほとんどそのままである。サンデンや丹海などは方向幕窓と車掌窓とを入れ替えている。車内は1人掛け主体でモケットもそのままであるが非常にきれいである。相鉄時代に更新工事を受けたのであろう。
登場時は長の木呉駅循環線で運用されていたが現在はどうなのだろう。

広島200か1154 8年式いすゞKC-LV280N改/西工 I9614
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

真打ち登場(笑) 元・高槻市交通部の96MCワンステである。屋根の上に見慣れたCNGタンクが無いのでちょっと寂しい感じである。この車も車内外共にほとんどそのままで、旗竿立て設置で前のナンバーが前に出たのが目立つ程度。
車内はあきじさまによるとワンステ部右側がロング(中扉対面は跳ね上げ式ロングで車椅子固定装置がある)。左側は前向き1人掛け。ツーステ部は前から3席が1人掛け、その後が2人掛けとの事。モケットは灰色に赤いラインの高槻仕様のまま。今後の増備を期待したい。
塗装は超低床色であるが、スロープ板を装備するからと推測している(東武と京急はワンステでもスロープ板は無い)。
広長浜呉駅線で運用されている。

瀬戸内産交
広島200か1131 20年式三菱PKG-AA274MAN/西工
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

西工製大型ノンステは広交や広バスが入れない以上は入らないであろうと思っていただけに嬉しい選択である。しかも三菱ブランドである。
車内配置は不明であるが前向き2人掛け主体と思われる。フロントバンパーに設置されたディランプが目を引く。
11月18日の豊島大橋開通でバス路線も変わるようで、今後どうなるか気になるところである。
0

2008/9/22

すたりおん ごりら  クルマネタ

クリックすると元のサイズで表示します

何やら高宮今日子さまの所が山江のイベントに参加していた三菱スタリオン ゴリラで萌え上がっているようなので、撮影した画像4枚を全部アップ。因みに宮崎ナンバーである。山江村は宮崎県も鹿児島県も目と鼻の先なんだよね。
後に人がいようが構わず撮っているのはご勘弁を。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

全閉状態
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/9/21

第10回ひろしまバスまつり開催  バスネタ

本日第10回ひろしまバスまつりが開催された。昨年同様広島市中小企業会館での開催であったのだが、天候に左右されない屋内というメリットが最大に発揮された。
朝7時過ぎからの落雷と長時間の豪雨で傘など役に立たない状況が続いた。屋外であればおそらく中止となっていたであろう。
中国地方バス趣味の会展示物準備の為に早目に新井口駅に着いたが、既に足元までずぶ濡れ。雨は弱まりそうもない。偶然(元)島配送担当さまとちゅーすけさまと一緒になったので、目と鼻の先だがアルパークから会場までタクシーを利用した。乗らなかったら全身ずぶ濡れであったろう。
準備が済み、予定通り開催されたがやはりこの豪雨で出足は鈍い。交通機関にも乱れが出ており致し方無いであろう。しかし雨が弱まるにつれて午後からは急激に来場者が増えた。
屋内展示はステージ位置が変わり、車両展示はかよこバスのみ。パスピー体験は今年は実車は使用しなかった。
ステージではまなみのりさライブや鈴木文彦氏の講演、神楽上演などが行われた。

屋外展示車両
備北交通 庄原ひまわりバスME、広島電鉄 CNGエルガAT車、三菱ふそう新型エアロキングデモカー、広島交通 リードライナーC-I、芸陽バス かぐや姫エルガ準高速車、中国JRバス 夜行仕様ガーラHD、日野セレガハイブリッドデモカー、広島バス パスピーラッピング7E、エイチディ西広島 HR7mノンステ、第一タクシー サンフレッチェとカープラッピングリエッセの計11台。
数が多いので普段お目に掛かれない2台を紹介。
三菱ふそうエアロキング BKG-MU66JS デモカー
クリックすると元のサイズで表示します

フロントは変わらないがリアは灯火規制関係で大きく変わった
クリックすると元のサイズで表示します

日野セレガハイブリッド BJG-RU1ASAR デモカー
クリックすると元のサイズで表示します


久し振りに復活したバス試乗会では日野ブルーリボンシティハイブリッド、広島電鉄エアロキング、呉市交通局いすゞボンネットバスの3台が使用され、商工センター内をほぼ一周した。
日野ブルーリボンシティハイブリッド BJG-HU8JLFP 低音が響くCNGエルガと違って結構静かであった。どこか入れないかなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します

広電 三菱エアロキング MU612TX 東京線撤退後の転用先は噂通り松江線のようで、仮眠室が撤去されてワンマン機器が搭載され、既に表記も広島<>松江となっている。
クリックすると元のサイズで表示します

映画「夕凪の街 桜の国」のロケで七波役の田中麗奈が中央席に、東子役の中越典子が窓側席に座った。
クリックすると元のサイズで表示します

呉市交通局 いすゞBXD30 先週ボンネットは十分に堪能したので、ブルリシティとキングには乗ったがこれには乗らなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

その他、駐車場シャトルバスとしてエイチディ西広島のエルガミオが使用されていた。

中国地方バス趣味の会の今年の展示は新車と広島発着の高速バス、三原市営と呉市営江能線の思い出であった。昨年に比べてパネル枚数を減して楽に写真を見れる様にしてみた。
クリックすると元のサイズで表示します


心配された落雷による停電や豪雨による被害も無く、地震体験が中止された以外は無事終了する事が出来た。
バスまつり実行委員会及び各バス事業者スタッフの皆様、悪天にも関わらず来場された皆様、お疲れ様でした。来年またお会い致しましょう。
0

2008/9/20

ボンネットバスで山江を目指せ〜三日目  バスネタ

それにしてもイベント当日の14日の天気には助けられた。一日中雨の予報が午後から雨に変わり、結局降らず終いでイベントを終えた。参加者の、スタッフの、そして何より来場者の方々の願いが通じたのだろう。
そう言えば内山慶治山江村長が前の晩に「私は晴れ男です!」と豪語されたましたね(笑)
朝起きるとまだ雨が降り続いており、魚沼交通と技研製作所、九州自動車歴史館の方々は既に出発したあとであった。
宿のコースターで役場に移動すると雨の中スタッフの方々が後始末をされていた。こちらも始業点検を済ませ、やなぎや観光に続いてスタッフの方々に見送られながら役場を後にした。
人吉ICから九州自動車道に乗り、能宗館長の熱望で熊本城見学の為に熊本を目指す。
ずっと雨なので車窓からはあまり撮影していない。御船ICで九州道を降りて一般道を走行。今回の行程で一番の都会の中を走るので注目度抜群である。天気が良ければどこかで下車して熊本の町並みをバックに撮影するのだが…。
そして10時40分無事熊本城に到着し熊本城を見学。雨だというのに見学者が多い。駐車場は満車。貸切バスはインバウンドが目立つ。地元バス・鉄道ファンの大御所N氏の案内で城内へ。
クリックすると元のサイズで表示します

熊本城は築城400年記念で修復が行われているが、画像は昨年修復された本丸御殿大広間である。何でもどえらい修復費が掛かっているとか。国がひとつ傾くぞ…。
クリックすると元のサイズで表示します

二の丸駐車場での3台並び。
クリックすると元のサイズで表示します

出発間際に入って来た南阿蘇交通のセレガ。実は元・広電観光である。ちゃんと撮りたかったよ〜(号泣)
クリックすると元のサイズで表示します

早足で見学し、11時半頃N氏に見送られながら熊本城を出発、熊本ICを目指す。前にいるのは中型で3連テールはちょっと窮屈な熊本市営のRM。電報局前辺りかと。
クリックすると元のサイズで表示します

熊本ICから再び九州道に乗り、北熊本SAで給油と昼食。するととんでもない並びが撮れてしまった…。
クリックすると元のサイズで表示します

メインディッシュのそばが出て来なくて(怒) 出発は13時。ようやく雨が止んで来た。撮影は基山付近で14時半頃。
クリックすると元のサイズで表示します

そして関門橋を巌流島を見ながら通過。何でも9月30日までトレジャーハンティングをやっているとか。
クリックすると元のサイズで表示します

16時過ぎ本州再上陸。ここまで来ると帰って来たなという感じだが、福山はまだ遠い…。
クリックすると元のサイズで表示します

どんどん暗くなって再び雨が降り出し、これ以降は撮影していない。美東SAで休憩後宮島SAまでノンストップ。19時過ぎに宮島SAに到着、ここでシンコーは福山自動車時計博物館スタッフとお別れして帰途に着いた。

今回の全国のボンネットバス大集合は山江村制施行120周年記念事業として企画されたものであった。それに10台のバスが参加し、ここでは触れていなかったが旧車とバイク、石油発動機も数多く参加している。
これらの参加者の方々、内山村長以下山江村の職員やボランティアの方々のご苦労があってイベントは大成功に終わった。主催者発表によると1万人以上の来場者があったそうである。因みに山江村の人口は約4千人。予想以上の来場者に用意した食事も早々に売り切れていた。
パレード撮影でバスの後を車で走っていると、沿線住民の方々が家の前へ出て来られて見物されていた。興味が無ければわざわざ出て来られないはずで、地域の催し物としても成功したのではないであろうか。
そうそう出来ない規模のイベントではあったが、またいつか開催して頂きたいものである。

ボンネットバス9台は大きなトラブルも無く全て自走して来て戻って行った。最遠距離の魚沼交通でさえ福山>山江550kmは自走である。どのユーザーも愛情を持ってバスに接し、整備されている事がよく分かる事象であったと思う。
なおかよこバスは「公道を」自走出来ないので往復トラック移動であるが、これは致し方無い事であるのでご理解頂きたい。

最後となりましたが、山江村スタッフの皆様、福山自動車時計博物館を始めとするボンネットバスユーザーの皆様、このような素晴らしい企画に参加する機会を頂きまして真にありがとうございました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。

0

2008/9/19

意外な所に西工登場  バスネタ

再度サボ…いや休憩 (^^ゞ
豊平交通に路線新車が入っている。花そばバス塗装ではなく大朝交通のホープバス塗装の色違いである。合併で北広島町となった関係であろう。ホープバス表記であるが、花そばバスのステッカーも貼られている。
広島230あ・878 豊平交通 20年式三菱PDG-AR820GAN/西工 ワンステップ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

休憩中の乗務員氏のご厚意で車内も撮影させて頂いた。右側2列の着席重視仕様。
クリックすると元のサイズで表示します

広電引継ぎのHU2台の内1台がいなかったので、そのどちらかの代替であろう。希望ナンバーの878番の由来は不明であるが、花そばと読めない事も無い…。

ご承知の通り三菱ARは日産デRMのOEM車である。
ARは特別支援学校スクール用としてシーエムシー・西日本自動車・鞆鉄道にツーステップで入っているが、一般路線低床車は県下初である。
参考までに鞆鉄道のRMワンステップを。鞆鉄は社番があるからいいがエンブレムが無いと外観からはどちらか判別出来ない。
福山230あ・189 鞆鉄道 20年式日産デPDG-RM820GAN/西工 ワンステップ N7-189
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


豊平交通乗務員様、撮影にご配慮頂きありがとうございました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ