2011/10/31

チチヤスの木炭トラック福山へ  クルマネタ

チチヤスが昭和53年に昭和24年式トヨタBM型ボンネットトラックを木炭車に改造してイベントなどで走行させていた事をご存知であろうか。

平成6年10月の第12回アジア競技大会の際に西風新都で撮影。
瀬戸大橋開通記念パレードやフラワーフェスティバルパレードなどでも活躍していた。
クリックすると元のサイズで表示します

その後登録されたものの、いつしかナンバーが切られ牧場記念館の前で長年展示保存されていた。
そして本日、福山自動車時計博物館へと引き取られて行ったのである。
台車は建設屋利幸さまの操るふそうFV!
ブレーキの固着も無く、スムーズに台車へ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

意外に車体は長尺である。後部がFVと見事にツラ。
クリックすると元のサイズで表示します

木炭ガス発生装置(まぁ焼却炉みたいなものか…)
クリックすると元のサイズで表示します

シートが付いてオープンバス風。かつては88ナンバー登録であったらしい。
クリックすると元のサイズで表示します

エンジンは3300cc6気筒ガソリンエンジン。でも26psしか無い…
クリックすると元のサイズで表示します

糸目今日子さまが期待するようなハプニングも起こらず作業はすんなり終了、そしていよいよ福山へと出発。利幸さまのFVいいねぇ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


おまけ:モー いぬりんさってんかいね〜
クリックすると元のサイズで表示します


チチヤス関係者の皆様、福山のMさま、利幸さま、あらいの社長さま、本日はお疲れ様でした!
いつの日か復活する事を期待しております。
0

2011/10/25

のりバス+α  バスネタ

クルマのボディコーティングを行き付けのガソリンスタンドに頼んだ。2時間半ほど掛かるので普段乗らない路線にでも乗ってみようととりあえずバスセンターへ。
旧市民球場は解体工事が続いている。
クリックすると元のサイズで表示します

アストラムはついで…いつか右端のバスにも乗ってみたいなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します

黄 理恵ちゃんがどうしても1台撮れない(涙)
時間が無いからこっちへ戻ってバスに乗車。
クリックすると元のサイズで表示します

ここへ寄って…
クリックすると元のサイズで表示します

ここへも寄って…
クリックすると元のサイズで表示します

あ〜失敗…
クリックすると元のサイズで表示します

この辺いつも渋滞…
クリックすると元のサイズで表示します

石内線って多分30年ぶり位に乗った気がする。当時はほとんど狭隘路線で、対向車が続けて来たらもうわやだった。
「アストラムラインを五日市へ」とかやってるけど、そんな需要があったら石内線はドル箱のはずじゃろうが…
0

2011/10/24

とろてつ 7  鉄ネタ

野村宗弘著「とろける鉄工所 7」が先日発売された。
早いもので、もう7冊目である。
クリックすると元のサイズで表示します

今回、表紙〜裏表紙の川口さんネタのマンガがぶちおもしろかったけぇ〜
0

2011/10/17

ななぱーなな  飛行機ネタ

飛行機ネタは一年ぶり…
全日空が導入した新鋭機種ボーイング787の乗務員慣熟飛行が行われているので久し振りに広島空港へ行って見た。
通常は公式には発表されないらしい慣熟飛行の時間がHPにアップされるなど、B787にかける全日空の意気込みが感じられる。
今日は12時25分到着予定だったが、やや遅れて12時40分頃東側から着陸。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

初日でも無いのにマスコミだらけと思ったら公式な取材日だったようで、夕方のローカルニュースで各局が報道していた。
クリックすると元のサイズで表示します

取材の為か2番スポットに駐機したおかげで撮影機会が増えた
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

787のロゴが目立つが、位置がなんかビミョ〜
クリックすると元のサイズで表示します

窓の天地サイズが1.3倍になったとかで確かに大きい
クリックすると元のサイズで表示します

エンジンはロールスロイス製で後部のギザギザが特徴。
クリックすると元のサイズで表示します

正面から。なんか両さんのマユゲみたい
クリックすると元のサイズで表示します


おまけ
クリックすると元のサイズで表示します


来月1日から定期運用で羽田〜岡山・広島線に導入されるのだが、広島着が17時45分着19時20分発と撮影には不向きなので、広島で撮影するなら10月20日までと10月23日の慣熟飛行の間がチャンスであろう。
1

2011/10/13

走る!ケー100  鉄道模型

まろねふさまをドツボに、いや新たなるプロジェクトに協力する為にFおぢさんの店に行った所、常連さんがアオシマの走れ!ケー100を動力化したのを展示されていた。
数年前の発売当時欲しかったものの、結構高価で二の足を踏み、そのままになっていた製品である。
先週あっさり安価で入手できたのでさっそく改造してみた。
人様の作品のパクリ作品をアップするのもおこがましいのであるが、当時の番組に思い入れがあるので、あえてアップさせて頂く。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

動力はパワトラ、ロッドはアルモデル製。
一番大変なのはロッドの調整で、これで往生しているようではスケールものなど到底作れないなぁ… 一瞬の気の緩みが800円をパーにする可能性が…
車体が軽いので補重する予定。

参考にさせて頂いた作品はこんなに荒くなくもっと丁寧に作られていて、紋太役の大野しげひさのフィギアが乗っている。

「走れ!ケー100」は昭和48年から49年に掛けて放映されたTVドラマで大野しげひさ主演。
全国縦断ロケを行っていて、広島編では寝ている間に宮島まで流されて(水陸両用という設定で現物も水陸両用車改造)、目が覚めたら厳島神社のそばという場面を子供心によく覚えている。


模型会の競作は全然作らないのに、こんなのにはついつい手を出しちゃうんだよなぁ〜
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ