2012/6/21

惜別 三菱ふそうMR620  バスネタ

昨日、福山自動車時計博物館が保存していた昭和43年式三菱ふそうMR620/呉羽車体が新天地へと旅立って行った。
本来ならあきじさまに丸投げの予定であったが、前所有者の方から「見送りたいので再訪します」と入電。遠路遥々来られるので急遽予定変更し福山へ。
昼食後談笑しているとついに「お迎え」がやって来た。
そして作業開始…
クリックすると元のサイズで表示します

プロの仕事は早い早い!
クリックすると元のサイズで表示します

こっちもお仕事中
クリックすると元のサイズで表示します

菊屋マンションをバックに…
クリックすると元のサイズで表示します

そして13年間住み慣れた福山自動車時計博物館を旅立って行った
クリックすると元のサイズで表示します

福山のMさまの運転する車で追いかけて岡山県境の先で最後のお別れ…
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します


今後は三菱ふそうトラック・バスのプロジェクトチームの手によってレストアされる予定であるが、それがいつになるのか、完成後一般公開されるのかはまだまだ未定である。
しかしメーカーの手によって保存されるという事は非常に有意義であると考える。
梅雨でもあり1日でいいから行けたらいいと思っていたが、今回天気が好転した事もあり、3日間も見学する事ができたのは非常に幸せであった。このような機会はそうそうあるものではない。天気の神様に感謝である(笑)

最後に…スクラップになるのを引き取られ保存された前所有者さま、それを引き継いで保存して来た福山自動車時計博物館さま、今まで長期間ご苦労様でした。
そしてこの程引き取られた三菱ふそうトラック・バスさま、美しく復元される事を期待しております。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ