2012/9/28

竹下選手お疲れ様でした  スポーツ観戦

来るべき時が来た。

女子バレーボールJTマーヴェラスセッター竹下佳江選手が今月末で退団するという。
ロンドンオリンピック銅メダル獲得と共にひょっとしたら?と思っていただけにそんなに驚きは無かった。
むしろ結婚していたという事が発覚した時の方が驚いた(笑)

自分がバレーボール観戦にハマったのは2010年の世界バレーをテレビで見てから。
その時の竹下佳江選手とリベロの佐野優子選手、この2人の活躍を初めて見て以降どっぷり…
アゼルバイジャンのチームにいる佐野選手は国内では見れないが、竹下選手はVリーグで見れるというのでVリーグを観戦しにいったのだが、全然スケジュールが合わずJTの試合が見れない。シーズン最後に見れる予定であった岡山での試合はあの震災の翌日である。開催されるわけもない。
という事で竹下選手を見れたのは昨年広島で開催されたワールドカップ5試合のうち3試合であった。
クリックすると元のサイズで表示します

…で、今年は何としてもJTの試合をと1月に滋賀まで遠征した。
これが「JT」ユニフォームの竹下選手を見た最初で最後の試合となった。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

琵琶湖からの寒風吹きすさぶ中寒かったが、行っておいてホント良かった…

で、5月。まさかのオリンピック最終予選を東京まで見に行く事になるとは。
クリックすると元のサイズで表示します

因みにこの時は羽田〜大門〜国立競技場〜「東京体育館」〜千駄ヶ谷〜東京〜仙台。
翌日は仙台〜石巻〜仙台〜東京〜浜松町〜羽田…と東京ではバレー観戦以外移動だけで見事に何も無し!車窓のみ(笑)

とりあえずしばらく休養という事で、新婚さんだし、今後の事はまだ分からないが、やっぱりまたコート上で見たいよね。
とにかく長い間お疲れ様でした。ゆっくり休んで下さい。バレーの面白さ(見るだけだけど)を教えて下さって本当にありがとう。



そう言えばオリンピック本番の事全然アップしてなかった…
0

2012/9/24

とりあえず  スイフト

納車されてから6年7ヶ月なので相変わらずスローペース。
50,000kmからは1年3ヶ月。
クリックすると元のサイズで表示します


パソコン入れ替えで更新がなかなか…
0

2012/9/18

第14回ひろしまバスまつり開催  バスネタ

9月17日(祝)「第14回ひろしまバスまつり」が中小企業会館において開催された。毎年天気の心配をしているが今年は台風接近である。以前中止になった事もあり大変心配されたが、午前中風雨が強かったものの幸い一部のアトラクションを除いて開催には支障しなかった。
展示車両はいささかマンネリなので興味を持った物のみ簡単に紹介。

所属団体の会場準備があるので早めに会場に向っていると…これがやって来た。
いすゞ QQG-LV234L3 エルガハイブリッド
クリックすると元のサイズで表示します

これを試乗車にして欲しかったが、未登録のデモカーで残念!
一番気になるのはやはり後部のデッドスペース。中身はインバーターとバッテリー。座席定員3名減で済んだが結構圧迫感がある。
クリックすると元のサイズで表示します

三菱ふそうはエアロスターノンステップのデモカーを展示した。中国地方では確か中国バスの1台のみしか存在せず、乗った事もなかった。
ワンステップベースなので天井が高く居住性がいいとの評判だったが、確かに後部天井に圧迫感のあるエルガに比べて遥かに快適である。乗客の立場からするとこちらの方がいいと思う。ただしノンステップ部分の天井は無駄に高く、後部との床の段差が高め。
クリックすると元のサイズで表示します

芸陽バスはこの程2台導入したかぐや姫号の新車を運用開始前ながら太っ腹にも展示した。
芸陽バス 福山230う・301 平成24年式 日野 QRG-RU1ASCA
クリックすると元のサイズで表示します

県下初の9Lエンジン搭載車で12列シートを採用し補助席と最後部中央席が無い48人乗り。これは急制動時の車内事故防止対策であろうか? またシートは中央肘掛付きのハイグレードを採用。
クリックすると元のサイズで表示します

芸陽のセレガが目玉になるかと思われていたが、お昼過ぎに真打登場。
運用を終えた中国バスのドリームスリーパーのユニバースが到着した。運用の合間の展示となり土足禁止でもあるため、悪天候の場合は来ないと耳にしていたので諦めていた所であった。
中国バス 広島200か1584 平成24年式 ヒュンダイ LDG-RD00 G1202
クリックすると元のサイズで表示します

幸い車内を見学できたので…
全部2列4席のみのゼログラビティシート
クリックすると元のサイズで表示します

残り10席のエグゼクティブシート
クリックすると元のサイズで表示します

夜行バスは疲れるし寝れないからもう乗る事は無いと思っていたが、これはちょっと乗って見たい気がする。もちろんゼログラビティシートに。
土足禁止なので車内ではこれに履き替える。
ドリームスリッパ…なんちって
クリックすると元のサイズで表示します

さて、所属団体の中国地方バス趣味の会の展示のお題は「さよなら呉市営バス」であった。呉市在住の方々に頑張って頂いた。
クリックすると元のサイズで表示します


今年は朝から降雨という事もあり出足が鈍った感じがしたが、それでも15,000人の方々の来場があったと発表されている。
来年は15回目を迎えるバスまつり、今までとは少し違った何かを期待したい。

風雨の中来場された皆様ありがとうござました。
そしてバスまつり関係者の皆様、今年もお疲れ様でした!
0

2012/9/13

あるところにはあるものだ!  バスネタ

8月の今頃だったろうか、福山のMさまより「ボンネットの廃車体が見つかった!」と入電、丁度休みだったので下見に同行させて頂いた。
場所は岡山県東部。私有地の奥の奥、迷い込んで見つけるといった類の場所では無い。これでは今まで噂にもならなかったはずである。
ともかくいろいろな「ご縁」があって陽の目を見る事になったのである。

所有者のお宅の角を曲がるとそこには…
クリックすると元のサイズで表示します

元・中鉄バス 昭和39年式 日産U690/富士重工 社番No.4172
やんたけさまがアップされた個体と同期であろう。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

車内はお約束のアシナガバチがブンブン飛び交う。 福山のMさまと同行の方々は果敢にも車内を歩き回って撮影していたが、ヘタレの私はこれが精一杯…
運転席横の窓の上にあるのはアシナガマンションのひとつである…
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

廃車後既に数十年は同所に置かれていたらしくかなり痛みは激しいが、場所柄荒らされておらず、この様な物件はそうそうある事ではないと思われる。
クリックすると元のサイズで表示します




そして9月に入って福山自動車時計博物館の手によって無事にサルベージされた。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

やはり草木が被さっていた裾の部分が腐って脱落している。
車内は意外にきれいである。前向きシートであるが郊外路線なのにボンネットバスで1人掛け主体なのは珍しいのでは?最後部のパイプ仕切りは飛び出し防止なのか、荷物置場兼用の為なのだろうか?

もう存在しないであろう中国地方で発掘されたボンネットバスの廃車体である。困難を極めるだろうが、復活を期待したいものである。

最後になりましたが、狭い搬出路を見事にクリアして搬出された福山自動車時計博物館スタッフの皆様、大変お疲れ様でした!
そして今まで数十年倉庫として大事に使っていて下さった所有者様、ありがとうございました。
0

2012/9/10

その後はこのルートで  鉄ネタ

京阪大津線を堪能したあとは終点の坂本からいつかやってみたかったルートを…てか定番じゃろうが〜

丁度昼になったので坂本駅近くのそば屋でザルそばを食べ、江若バスでここを潜ってケーブル坂本へ。
クリックすると元のサイズで表示します

坂本ケーブルで目指せ延暦寺。ケーブルカーなんていつから乗っていないやら…
クリックすると元のサイズで表示します

琵琶湖がよ〜見えた!
クリックすると元のサイズで表示します

山頂はさすがに涼しい!(でも日陰だけ)。しばし歩いて延暦寺東塔へ。
クリックすると元のサイズで表示します

西塔まで行く元気も時間も無いのでこの辺りをウロチョロ。たまたま人が写っていないが、平日なのに結構な人出であった。
クリックすると元のサイズで表示します

比叡山バスターミナルから京阪のエアロスターで比叡山頂駅へ。京都駅行きは満員で出て行った。
クリックすると元のサイズで表示します

下山は散々待たされて超満員の叡山ロープウェイに乗り…
クリックすると元のサイズで表示します

お次は高低差日本一で有名な叡山ケーブル(すごい急角度!)
クリックすると元のサイズで表示します

ラストは「京福」時代以来の乗車となる叡山電車で出町柳へ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

出町柳からは京阪現行3000系特急で京橋へ。その後新幹線で広島へ…

この日は京阪淀屋橋駅で「比叡山横断チケット」という磁気カードを3000円也で購入、これを使ってずっと乗車して来た。
行ったり来たりした訳でなく、トータルで得したのか損したのか全く計算していないが、いちいち運賃払わないでいいのでとってもらくちんである。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ