2018/11/26

二刀流の筑鉄にせん  鉄ネタ

筑豊電鉄で復刻塗装の2000型が走り出したと耳にしたが、最初は食指は動かなかった。ところが北九州市漫画ミュージアムで「鋼の錬金術師」の生原画展を開催中だと知り、更に期限が迫っているとの事でこれらを絡めて行って来た。
とは言うものの筑鉄2000型は平日早朝に2便走るだけ。しかもどう考えても暗いはず。でもまぁとにかく思い切って行って見る事に。
とりあえず楠橋車庫を外から覗いてみると一番奥におった!
先端がカーブしているのでまるで走行中の様に撮影できた(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

現在走れる2000型は1編成のみ。それに2種類の旧塗装を施すので苦肉の策であろう。従ってぜひ4方向から撮影したい。それをどこでどう撮影するか算段しながら翌日を迎える。
まずは1本目の上りを西黒崎で撮影するがご覧の通り(汗)
クリックすると元のサイズで表示します

萩原に移動して下りを…まだ暗い。
クリックすると元のサイズで表示します

2本目の上りは…まぁ何とか。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

下り入駅を撮影後速攻乗車して楠橋へ。
クリックすると元のサイズで表示します

楠橋での折り返しを撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

しばらく止まっていたので先回りして車庫の奥に移動するのを撮影。
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず4方向から撮影できたが、1回で済まそうとすると春になって明るくなってからでないと厳しいであろう。走行写真も撮影したいし…
それにしても筑鉄へ来るのは一体いつ以来であろうか。
西鉄北九州線が走っていた頃は何度も通っていたものだが、廃止後は疎遠になってしまっていた。
感度を上げて補正しても自分の腕ではこの程度。まだしばらく走る様なのでぜひ再訪したいもの。

〜追記〜
昔撮った2003号の画像が出て来たので…
クリックすると元のサイズで表示します

5

2018/11/10

千福新酒まつりと呉のバス  バスネタ

何年かぶりに呉にある三宅本店「千福新酒まつり」へ行ってみた。
クリックすると元のサイズで表示します

新酒ができたという事で杉玉も新調。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「この世界の片隅に」とコラボしている事もあってミニ展示会も開催。
クリックすると元のサイズで表示します

複製原画だけでなく昔の呉や廣島の地図なども展示。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなイラストも… ぜひステッカーなどの商品化を(笑)
憲兵さん
クリックすると元のサイズで表示します

径子さん
クリックすると元のサイズで表示します

知多さん・刈谷さん・堂本さん
クリックすると元のサイズで表示します

呑むのはほどほどにして呉駅前へ移動。
やって来た65番のエアロスターノンステは噂通りノンステ部の横向きシートがキュービックワンステ同様全部前向きに改造されている。いつ頃改造されたのだろうか?
涎掛けが外れるまで待っていたので呉駅前は久しぶりだが、広電の新車はすんなり3台共撮れた。
広島200か2451 広島電鉄 2018年式 日野2DG-KV290N2 94969
クリックすると元のサイズで表示します

今回から広島地区路線車初のフルカラーLEDを採用。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

四季が丘から転属のエアロスターも2台共撮れた。というか2台揃って来たのは知らなかった。リムジン以外の広島からの転属は初である。
広島200か1668 広島電鉄 1999年式 三菱KC-MP317K 99059
<川崎市交通局 もう1台は1669/99063
クリックすると元のサイズで表示します

中国JRバスの新車は3台中1台。先月追加で入ったのは来なかった。JRは今回から白色LEDを採用。
広島200か2455 中国JRバス 2018年式 いすゞ2DG-LV290N2 531-8953
クリックすると元のサイズで表示します

一通り撮れたのでクレアラインで広島へ。災害復旧後呉線は何度か乗ったがクレアラインは今日が初めての乗車。水尻駅上の丸ごと流された所以外にも何か所も被害の痕跡がまだまだ残っており、いかに酷かったかがよく分かる。
改めて色々と考えさせられる。
0

2018/11/3

コウノトリ来る  

先月末から八幡川河口に特別天然記念物のコウノトリが初飛来しており、自分も列車の中から目撃していた。
今日は東区SCで行われるハンドボール観戦に久しぶりに行くので望遠レンズを持って出ていた。列車内から干潟にいるのが見えたので新井口駅で下車してダメ元で戻ってみたら山陽線の上り側の架線柱の上に移動していた。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新聞によると3月に豊岡で生まれた雌らしく、遥々九州の諫早経由でやって来た模様。
クリックすると元のサイズで表示します

列車が通過しても毎回無反応。ずっと撮影している方によると、防護柵の手摺りに止まっていた時にはさすがに飛び立ったそうである。
クリックすると元のサイズで表示します

下り側へ移動してしばらく止まっていたが…
クリックすると元のサイズで表示します

人間観察に飽きたのか、餌を求めてか、沖の方へ飛び去って行った。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

丁度いい時間になったので五日市駅まで徒歩で移動し、超満員の三両本線に乗車。ラッシュでもないのに座れるどころか乗れるかどうかも分からない状況は何とかならんものか…
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ