2011/5/22

倉敷ひまわり号  鉄ネタ

今日は一日オフで家ゴロの予定で ↓ のペンチネタをアップしたのだが、あきじさまから「倉敷ひまわり号」が下っていて五日市駅で長時間停車すると連絡が入ったので、買い物ついでに行って見た。
運用されたのは岡山のD23+A12の7両編成でどちらも末期色。

2番線への入駅は毎日定期列車で行われているが、ここからの撮影は初めて。下り側がD23で300番台未更新3両編成。
クリックすると元のサイズで表示します

ヘッドマークのアップ。
クリックすると元のサイズで表示します

巷で話題の連結面前照灯点灯。転落事故防止らしいがホントに役に立つのか?
クリックすると元のサイズで表示します

五日市駅発車を踏切まで移動して撮影してみた。幌とヘッドマークで引き締まり、末期色にはいいアクセントかと。
クリックすると元のサイズで表示します

上り側がA12で1000番台内装更新車4両編成。車内には障がい者対応仮設トイレもあるとか。
クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ毎年運行されているようだが撮影は初めて。昨年はみろくの里で今年は宮島へ行かれたとの事。列車は大野浦駅待機だったのかな?
味気無い末期色であるが「ひまわり号」で使うとなると、まさにこれ以上無いピッタリの色であったと思う。

末期色ってやっぱりこんな色だよな〜。某社のNゲージ、あれはどう見てもレモンイエローだ…
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ