2013/10/7

わずか3年で…  鉄ネタ

3年前の平成22年7月末、呉線坂駅前にある複合商業施設「パルティ・フジ坂」に廃車となった広島電鉄2002-3号が搬入された。
これでしばらくは安泰と思われたが、わずか3年で解体・撤去となってしまった。

荒手車庫で塗装され
クリックすると元のサイズで表示します

江波車庫に自力回送されて搬出
クリックすると元のサイズで表示します

パルティ・フジ坂の駐車場内へ搬入
クリックすると元のサイズで表示します

屋根やパンタグラフを塗装、デコレーションされて8月から一般公開
クリックすると元のサイズで表示します

その後呉線の列車内から見る事はあっても行く機会は無かった。夜間はライトアップされていたそうだが、いつしか車内の公開は中止されてしまっていた。
そして先週から突然解体が始まっていたと聞き、本日行ってみると最後の作業中で跡形も無くなっており、土台と解体ゴミのみが残っていた。
クリックすると元のサイズで表示します

結局どういう経緯で何の為にここに設置され、大して痛んでもいないのに早々に撤去されたのは不明であるが、わずか3年での撤去は大変残念ではある。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ