Worldwide windsurfing information weblog,,,だったブログです(^^)

2005/7/14

The 2005 Lanzarote PWA Grand Slam - Day 4  大会・イベント

大会4日目。Super Xの最終日です。

http://www.pwaworldtour.com/pwa.sys/news/article,599

男子。第5ラウンドの決勝レースには、以外にもMプリチャード、ムッシルマニの両者とも進出できず。
同レースを制したのは、今大会大活躍の弟Kプリチャード。ついでロビー・スウィフト、ニック・ベーカー、タティ・フランスの順でした。

最終第6ラウンド決勝レースには雌雄を決するべく、Mプリチャード、ムッシルマニともに登場。序盤はプリチャード兄弟がリード、それをタティとムッシルマニが負う展開。第2マークを回った時点で、ケビン、タティ、マット、ムッシルマニの順。第3マークを越えたところで、どこからともなくニック・ベーカーが登場し、一気にトップへ。その後のレースは大きな動きもなく、結局1位はベーカー、2位にマット、3位ムッシルマニ、4位タティ、そして5位にディオニが入りました。

LanzaroteでのSuper Xのトータル順位は、1位マット、2位ケビン、3位ベーカーとなりました。
結果05PWA Super Xの年間チャンピオンの座は2年連続でマットのものに。最後までマットと競ったムッシルマニは2位、ケビンも同点の2位となりました。

男子Super X年間ランキング
http://www.pwaworldtour.com/uploads/LZ05_msx_rnkd1.html

クリックすると元のサイズで表示します
Photographer: PWA/Alex Williams

女子。第5ラウンド決勝レース。最初のマークを回った時点でのトップはイバラとダイダのモレノ姉妹。3位ヤギ、4位に前日までトップの名越選手と続きます。第2マークでヤギがダックジャイブを失敗。名越選手はこの失敗を見逃さず3位に浮上。第2バンプでヤギはまたもやクラッシュ。レースは1位イバラ、2位ダイダ、3位名越選手、そして4位にアロンゾ、、、と思っていたら、2度もクラッシュをしたヤギが絶叫しながら猛然と迫り、フィニッシュライン直前で4位を奪い取りました!

第6ラウンド決勝レース。これで全てがきまります。最初のバンプを追えた時点でトップはダイダ、2位にヤギ、3位に名越選手が続きます。第3マークで現在トータル2位のヤギがクラッシュし、5位に後退。名越選手が2位に躍り出ます。しかし、ヤギの挽回も目覚しく、あっというまに3位まで浮上。ダイダが序盤のリードを守りトップでゴール。ついで名越選手が最後のバンプを越えてゴールか、、、しかし無常にもマーカーをクリアできず!ヤギ、アルバが名越選手を抜き、名越選手は4位でゴール。

それまで僅差のデットヒートを繰り返していた名越選手とヤギ。優勝は、、、残念!(といっては失礼ですが、)ヤギ選手でした。ヤギと名越選手と総合ポイントは同点、結局discardされたレース(順位が最も悪かったレース)を考慮して、ヤギの総合優勝となりました。 結果的に、第5ラウンド決勝レースでのヤギの驚異的なリカバリー、第6レースの最後のバンプでの名越選手のクラッシュが勝敗を分けてしまったようです。 それでも2位はお見事!! 名越選手はwave以外でも世界レベルで活躍できることを証明しました。 Motoko選手といい、日本の女性ライダーの凄さを世界に知らしめたのではないでしょうか。

女子Super X結果
http://www.pwaworldtour.com/uploads/LZ05_wsx_rtsd1.html

クリックすると元のサイズで表示します
Photographer: PWA/Alex Williams

Day 5以降はフリースタイル。女子のダイダは確実なものとして、男子のタイトルが誰の手に行くのか、興味深い!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ