Worldwide windsurfing information weblog,,,だったブログです(^^)

2007/1/18

World's First Power Heated Wetsuit  メーカー/道具情報

まだまだ寒い日が続きますね。早く春、夏が来ないかと嘆いているウィンドサーファーに朗報です。

サーフィンブランドのRipcurlから世界初の加熱製ウェットスーツ、その名も"H-Bomb"が発表されたというニュース。

クリックすると元のサイズで表示します


<Ripcurlの製品ウェブサイト>
北極圏で撮影されたという動画が見られます
http://www.ripcurl.com/hbomb/

<関連記事>
http://www.surfeuropemag.com/news/category/other/rip-curl-launches-the-worlds-first-power-heated-wetsuit/se_12326.html

クリックすると元のサイズで表示します


上記の<関連記事>によると、二つ目の写真にある2個の内蔵リチウムイオンバッテリー(7.2ボルト。各々0.12kg)が、背中の上部にある2箇所の"coated fibre elements"(起毛のことか?)に熱を伝えるそうです。同"coated fibre elements"には金属がないので、腐食の心配はないとのこと。

ユーザーの好みで、
 Low: 50 – 55C (120 – 130F)
 High: 60 – 65C (140 – 150F)
の二種類の温度が設定できるようです。

メーカーのテストで同ウェットスーツを着用したプロサーファーのNathan Hedgeも「とにかく暖かい! R&Dセッションが終わった後も返却したくなかったよ。。。」と激賞しています。

それにしてもリチウムイオン電池を使った製品に"H-Bomb"(水爆)という名前をつけた人の気がしれません。。。 



0
タグ: windsurfing wetsuit



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ